remainは「状態」表す受動態|看護受験の必須英文法をサクッと解説 : vol40

本日も看護受験に必須の英文法を極めていきましょう。

下記の問題に入る適切なものを選んで下さい。

remainを使うことでbe動詞がなくても受動態にできること。

受動態といえば「be動詞+過去分詞+by」のイメージですが、

日本語訳にした時「~される」だけではなく「~されている」と2通りの訳があります。

そこで、一方に絞るために「be動詞」ではなく「get/become」「remain/lie/stay」を使い分けることで、

訳を一方に絞ることができます。

日本語訳にすることで受け身だとわかる。

従って「remain+過去分詞」が成り立ち、① closing(現在分詞)③ close(原形)④ to close(不定詞)が除外され

② closed(過去分詞)が選択されます。

本日の解答

答えは② closed(過去分詞)になります。

◆ 看護受験の必須 英文法を徹底解析問題集 ◆

看護受験生の皆様にお知らせ!!

7月25日から8月6日の期間には第二回 全国統一看護模試があります。
夏は「社会人入試」「公募入試」にむけて、あなた自身の実力を確認しておく期間です。
看護入試に向けて後どれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事