remainは「状態」表す受動態|看護受験の必須英文法をサクッと解説 : vol40

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

本日も看護受験に必須の英文法を極めていきましょう。

下記の問題に入る適切なものを選んで下さい。

remainを使うことでbe動詞がなくても受動態にできること。

受動態といえば「be動詞+過去分詞+by」のイメージですが、

日本語訳にした時「~される」だけではなく「~されている」と2通りの訳があります。

そこで、一方に絞るために「be動詞」ではなく「get/become」「remain/lie/stay」を使い分けることで、

訳を一方に絞ることができます。

日本語訳にすることで受け身だとわかる。

従って「remain+過去分詞」が成り立ち、① closing(現在分詞)③ close(原形)④ to close(不定詞)が除外され

② closed(過去分詞)が選択されます。

本日の解答

答えは② closed(過去分詞)になります。

◆ 看護受験の必須 英文法を徹底解析問題集 ◆

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事