have been toとhave gone to の違い|看護受験の必須英文法をサクッと解説 : vol15

Author:看護予備校KAZアカデミー

本日も看護受験に必須になってくる英文法を極めていきましょう。

下記の問題に入るものを考えて下さいね。

haveと動詞の関係

英文法のルールで「haveの直ぐ後」もしくは「have+副詞の直ぐ後」に続く動詞は

過去分詞にする必要があります。

よって③ went(過去形)④ be(原型)は選択肢から除外されます。

have been to とhave gone toの違い。

現在完了形では「行った⇒go」の固定観念はNGです。

「have been to」と「have gone to」とでは異なった意味を持ちます。

「been」と「gone」を入れて訳を比べます。

問いの日本語訳には「行ってきたところだ。」と書いているので、

答えは① beenになり、② goneが選択肢から除外されます。

本日の解答

本日の解答は① beenとなります。

◆ 看護受験の必須 英文法を徹底解析問題集 ◆

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事