命題 : 否定 vol.7:3回読めば、絶対理解できる看護受験数学


本日は「命題における否定」について

を勉強します。

「ド・モルガンの法則」の復習1

命題の「否定」の問題では「集合」で学んだ、

「または」「かつ」などの日本語の意味を理解している必要があります。

それでは例題を見てみましょう。

答えは・・・オレンジの斜線の部分になります。

この日本語を「集合の記号」を使って表します。

「ド・モルガンの法則」の復習2

①ピンク以外の範囲
②青以外の範囲
③白以外の範囲
④オレンジ以外の範囲

答えは・・・白以外の範囲です。

この日本語を「集合の記号」を使って表します。

「命題の否定」

では、「命題の否定」を勉強します。

x , yを実数とする。次の条件の否定を述べなさい。問1x≦1かつy><noscript><img src=

「ド・モルガンの法則」を見てわかる通り、

「かつ」と「または」「言い換えれる」関係にあります。

後は、聞かれている問の

「否定」

を言えばOKです。

x≦1の反対は1<x,y>2の反対はy≦2


となるので答えは、

1<xまたはy≦2


となります。

もくじ

看護受験生の皆様にお知らせ!!

5月25日から6月6日の期間には第一回 全国統一看護模試があります。
受験勉強が始まり、まだまだ未知数の中で自分の実力を知っておくことは非常に重要です。
看護入試に向けてどれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
「社会人入試」「公募入試」にむけて、今はあなたの実力を確認しておく期間です。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事