命題 : 否定 vol.7:3回読めば、絶対理解できる看護受験数学

Author:看護予備校KAZアカデミー


本日は「命題における否定」について

を勉強します。

「ド・モルガンの法則」の復習1

命題の「否定」の問題では「集合」で学んだ、

「または」「かつ」などの日本語の意味を理解している必要があります。

それでは例題を見てみましょう。

答えは・・・オレンジの斜線の部分になります。

この日本語を「集合の記号」を使って表します。

「ド・モルガンの法則」の復習2

①ピンク以外の範囲
②青以外の範囲
③白以外の範囲
④オレンジ以外の範囲

答えは・・・白以外の範囲です。

この日本語を「集合の記号」を使って表します。

「命題の否定」

では、「命題の否定」を勉強します。

x , yを実数とする。次の条件の否定を述べなさい。問1x≦1かつy>2” width=”952″ height=”247″ class=”alignleft size-full wp-image-15560″ /></p>
<p><br clear=

「ド・モルガンの法則」を見てわかる通り、

「かつ」と「または」「言い換えれる」関係にあります。

後は、聞かれている問の

「否定」

を言えばOKです。

x≦1の反対は1<x,y>2の反対はy≦2


となるので答えは、

1<xまたはy≦2


となります。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事