20代主婦が看護学校を受験して、看護師を目指す最短距離。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-shu1

20代主婦の女性が看護学校を受験の合格まで最短距離

合格するには

看護学校の受験を目指す、20代主婦の皆さんは、若いからこそ、将来の不安や色々な悩みを持っていると思います。学生時代から直接看護師になれるのが一番楽なパターンですが、家事との両立であったり、パートとの両立もしなければなりません。

何としてでも一年間で看護学校の受験に成功したいところですね。でもその気持ちがあれば、看護学校を受験して合格することは、決して難しいことではありません。

実際毎年たくさんの方が看護学校を受験して看護師を目指されています。合格されている人には皆さん共通点があります。

看護学校を一発で合格するために看護学校予備校などを利用するのも一つの方法です。看護学校予備校は週1日間でも十分合格レベルまで皆様を引き上げてくれます。

勉強法

仕事と主婦の両立を行わないといけない方は、学生時代とは違い、あまり時間がないのでは?と思います。しかし、時間がないから勉強ができなくて、看護学校の受験をあきらめるのは非常にもったいないです。

きっちりとした勉強方法で学習していけば、看護学校の受験に成功することができます。当 看護予備校で、カリキュラムをこなした方は、ほぼ100パーセント合格しています。

全く勉強がわからなくても、看護学校の受験は3教科で受験することができますので、絞って勉強することができます。

もし過去に勉強していたことが、少しでも記憶に残っていたらラッキーですし、もし記憶になくても一から勉強しても十分合格可能です。

勉強から遠ざかれば遠ざかるほど勉強方法が大切になりますので効率のいい勉強をしましょう。

面接対策

現在20代主婦であり、社会人も経験している皆さんは面接の経験をしたことがあると思います。今までの面接どうでしたか?緊張しましたか?面接が好きな方は、ほとんどいないと思います。

しかし、看護学校の受験で一番苦労するのが面接の勉強でもあります。看護学校の面接では、緊張のあまり言葉が出てこなかったり、自分があまりしらないことを聞かれたりする場合もありますし、

そのような変則的な質問にも対応できるよう普段から練習していなければなりません。面接の練習は看護予備校で行ってくれますので、テスト前には是非利用したいですよね。

会社の面接は自己アピールをできるだけすることが一番大切ですが、看護学校の場合チームワークや患者様のことを考えた上でしっかりと対策をとらなければなりません。

志望動機書対策

志望動機書は面接の次に苦労する部分だと思います。多くの方が看護学校の受験を目指している途中で志望動機書を作成するのに苦労しています。

そして志望動機書を作成していく時期が受験のテスト前などに焦って作ってしまうので、あまりうまく作ることができません。志望動機書とは、自分自身がどうして看護師になりたいかを具体的に看護学校の面接官に伝えなければなりません。

志望動機書の内容が薄ければその時点で、いくら筆記テストが合格していても不合格になるかもしれませんので注意して書いていく必要があります。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事