30代主婦の女性が看護学校を受験の合格まで最短距離。

Author:看護予備校KAZアカデミー

shufuthirty

30代主婦の女性が看護学校を受験の合格まで最短距離

過去問動画解説・傾向と対策

合格するには

現在、年齢を問わず、看護師の資格を取得しようと思う方がたくさんいらっしゃいます。30代の主婦の皆様も、子育て後、どうしても年齢が上がってしまうので再就職が難しいですよね。

しかし、看護国家資格を取得していれば「就職」に困ることはありませんので、将来の生活を考え、看護学校の受験を心がける人が毎年増えています。

30代でも大丈夫?と当 看護予備校に来られる主婦の皆様に相談されますが、毎年多くの30代主婦の皆様が看護学校に合格しています。もちろん、看護学校に合格するためには、ある程度の筆記試験の能力も必要になりますので、勉強はしなければなりません。

学生とは違い、主婦の皆様が、看護学校の受験に合格するには、少しコツが入ります。もちろん、筆記試験の勉強レベルを上げることも大切ですが、二次試験の面接試験をどう迎えるかも大切になります。

勉強法

主婦の皆様が、看護学校の受験勉強と今の主婦業を両立することは、大変だと思いますが、受験勉強は、一日でできるものではありません。毎日の積み重ねで、受験レベルまで持っていく必要があります。

看護師を目指して、勉強していくと本当にこれで大丈夫?など不安に思うこともありますが、看護学校の受験勉強には、不安がつきものです。

しかし、受験するからには、何としてでも合格したいですよね。そこで、看護学校の受験に合格するための一つのコツとしては、看護学校の受験を専門に扱っている「看護予備校」に通うのも一つの方法です。

看護学校の受験は、受験勉強を始めて一年で合格できればラッキーです。しかし、看護予備校に通うことで、一年で合格できる確率を上げることができるので、短期で合格を考えている方にはお勧めです。

面接対策

主婦の皆様にとって、一番困るのは看護学校の面接試験です。筆記テストは、少しずつ勉強していけば、必ず受験レベルにまで到達しますが、看護学校の面接試験は、必ず練習が必要です。

その理由は、もし主婦であるあなたが、看護学校の受験に合格したとしましょう。これって、就職が決まったのと同じなんですよね。看護学校のカリキュラムをきっちりとこなせば、ほとんどの学生が看護国家資格を取得することができます。

なので、看護学校の面接では、主婦であるあなたが、看護師としての適性があるのか、審査されます。この時点で就職活動みたいなものです。仮に、筆記テストで満点であっても、この面接試験で、看護師としての適性がないと判断されれば、不合格となります。

看護学校の、受験面接の練習は、看護予備校で行われていますので、しっかりと練習を積んだ上で試験に臨んでください。

志望動機書対策

主婦の皆様が看護学校の受験をしようと考えた理由はなんですか?「就職で困らないため」「生活を安定するため」「看護師との出会い」「母の看病」など、その他にも色々な理由があると思います。

志望動機書では、書いてはいけないワードもたくさんあります。もちろん、学生時代とは違い、主婦になってから看護師になろうと思ったということは、あなた自身の理由があると思います。

看護学校の面接官も、あなたと会うのが初見になりますので、志望動機書を参考に面接試験を行います。この志望動機書を元に話していきますので、志望動機書が不完全であれば、必然と面接は上手くいきません。

主婦の皆様が、看護学校の受験をしようと思った時は、志望動機書の作成にはしっかりと時間をとって下さい。くれぐれも、試験前に急いで作成しないようにしましょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事