男性でも看護大学と看護専門学校の受験に成功できる方法

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangoshiman1

まだまだ看護師といえば、女性のイメージが強いと思います。

しかし近年、男性看護師を目指して、「看護大学」や「看護専門学校」を目指す、男性の受験生がどんどん増えています。

これは、看護に対する時代の変化が起きていることを表します。

医療の現場からすれば、力仕事のできる男性がいることで、非常に助かることがあります。

しかし、医療現場で必要とされていても、まだまだ世の中には認知されていないようです。これにより、いくらか壁が立ちふさがります。

現在、看護師になるには、女性でも非常に狭き門になっていますが、男性が看護師になるには、狭き門の中の狭き門をクリアしなければなりません。

ここでは、男性看護師になるために、狭き門を突破した方法を書いていきます。

過去問動画解説・傾向と対策

  • 男性は看護学校に合格するコツはありますか?

    合格するために準備とコツがあります。

    理由と解答はこちら>>

  • 看護学校の面接は会社面接と同じですか?

    全く違います。看護用面接対策が必要です。

    理由と解答はこちら>>

  • 受験勉強だけすれば合格できますか?

    合格するには受験勉強以外にも準備が必要です。

    理由と解答はこちら>>

1.男性が看護師を目指し、看護大学と看護専門に合格するためには。

kangoshiman2

男性が看護師を目指し、看護大学と看護専門に合格するためには、女性よりも確実に成績をとらなければなりません。

その理由は、看護学校側が定員80名だとすれば、男性は定員の約一割程度しか合格することができません。

8名ってかなり厳しいですよね。でも看護学校に合格できるチャンスはありますので、諦める必要はありません。実際に毎年、看護師を目指して、「看護大学」や「看護専門学校」には男性の入学者がいます。

ではどうすれば、看護師を目指す男性が「看護大学」や「看護専門学校」に合格することができるのか?男性の場合、

  • ① 筆記テストは必ず女性より点数をとること。
  • ② 面接は必ず全ての質問に医療に置き換えることができる能力をもつこと。
  • ③ 男性ではあるが女性の気持ちを理解できること。

などが重要になってきます。

男性が看護師を目指すために必要な筆記テストについて

①の筆記テストに関してですが、もちろん簡単なことではありませんが、皆様の頑張り次第でクリアすることも可能ではないでしょうか?それぐらい、看護師の資格は、頑張る価値があるものです。

誰にも負けない気持ちを持つことにより、女性の中で頑張っていく「力と自信」もつきます。

さらに、同じ看護学生の女子生徒からも、男性としてではなく、一人の看護師として認めてもらうことができます。実際に、当 看護予備校の男子学生が、看護学校に入学後、クラスの皆からは慕われる存在になっています。

今から、看護学校に入学した後のことを考え訓練だと思い、圧倒的な点数を取れるぐらい、男性には、頑張ってほしいです。

男性にとって、看護師を目指し、看護学校に合格することは狭き門ですが、しっかりとテストの点数を取ることにより、二次面接まで進むことができるでしょう。

もちろん看護学校の受験勉強を始め、一年間で看護学校に合格できることが一番ですが、他の大学受験とは違い、何年もかけて合格するつもりで望んだ方が、気持ち的に余裕がでて意外と短期間で合格できるかもしれません。

男性が看護師を目指すために必要な面接について

②男性が看護師になるための面接に関しては、後ほど詳しく書いていきますが、女性と男性では明らかに面接の時に違いがでます。決して女性が緊張しないわけではありませんが、男性の緊張は女性の数倍あるように感じます。

現に、看護学校の一次試験の筆記テストには合格できるが、二次試験の面接で失敗している男性をたくさんみます。

一概に全ての男性に当てはまるわけではありませんが、女性よりも男性の方が緊張度が上がり、普段では考えられないような声で話したり、極端に震えたり必要以上な言葉をつけたしてしまったりします。

男性が看護学校の面接でこのような、態度が出てしまうと頼りなく感じます。看護学校の面接は事前にしっかりと練習してなければ、これらの癖を克服することができません。

男性が看護師を目指すために女性の気持ちを理解することについて

③男性が看護師を目指すために、女性の気持ちについて理解することですが、男性である皆さんにとってなかなか難しいですよね?でも深くは、考えないでください。

誰か特別な女性のことは考えたことはありますよね?

でも、今回はそのような気持ちではありません。どのようにすれば「女性とコミュニケーションを上手にとることができるのか」を考える必要があります。例えば

今、女性で流行っているファッションは何か?人気のある食べ物は何か?

など普段から少しでいいので、そのようなことも考えながら生活しておくと、看護学校や看護専門学校に入学後、女性とのコミュニケーションがうまく取れるでしょう。

このように知性だけではなく、女性とのコミュニケーション能力がいかにあるか、面接などで調べられていますので、男性にとって「看護大学」や「看護専門学校」に合格することが非常に難しくなってきます。

2.男性が看護師を目指し、看護大学と看護専門に合格するために必要なこと

kangoshiman3

 看護大学や看護専門学校に男性が勉強していく上で大切なことがあります。

それは、「字」をきれいに書く癖をつけておいてください。

看護学校の受験では「志望動機書」や「小論文」などの長い文章を書かなければなりません。

男性でもきれいな字の方は、たくさんいらっしゃいますが、走り書きのような汚い字の方も、たくさんいらっしゃいます。

字は、普段から気をつけていないと急には治りませんので、看護学校の受験に合格するためには、男性看護師として恥じないきれいな字を書く練習をしておいてください。

3.看護大学と看護専門に男性が合格するためのステップ

kangoshiman4

 これから、男性看護師を目指し、「看護学校」や「看護専門学校」の入試に向かい勉強していかなければなりません。

どうすれば効率よく勉強できるか?

入試でしっかりと点数を取ることがきるのか?

しっかり考えた上で、受験勉強をしていくことをお勧めします。男性が、看護学校の受験を考えたときに、一番効率のいい勉強は、独学ではなく、看護予備校に通うの一番いいでしょう。

その理由は、看護学校の受験は、一次試験(筆記テスト)+二次試験(面接)の両方をクリアしなければなりません。看護学校の受験必要な準備と勉強法でも書きましたが、受験勉強に関しては、女性も男性も同じです。

男性だからといって、入試テスト問題がかわるわけでもありません。しかし、男性と女性で同じ割合の学生をとってくれるわけではありませんので、男性が看護学校に合格するには、高得点を取る必要があります。

中途半端な受験の知識で勉強してしまうと、看護学校の合格までに時間がかかってしまいます。男性にとっては辛いことですが、乗り越えなければなりません。

さらに、昨今、「看護大学」や「看護専門学校」を受験する男性も増えているので、男性同士でも狭き門の奪い合いになり、かなりの倍率になってきます。

看護学校の受験は、たいてい、一次試験の筆記試験に合格できないと、面接を行ってもらえない学校もありますので何としてでも高得点を取って、一次試験は突破しておきたいものです。

圧倒的な点数を取って看護学校の一次試験は突破すること

を心がげていた方がよいでしょう。

  • もっと詳しい勉強法について詳しくはこちら »

  • 4.男性看護師を目指す看護学校の受験面接対策。

    kangoshiman5

    近年、看護学校や看護専門学校を受けようと思われる男性が近年は増えていきました。

    その反面、看護学校の面接試験で、非常に多くの男性受験生が不合格になっていることも事実です。

    その理由は、看護学校の面接が、通常の面接とは少し違うことに、気づいていなからです。

    特に男性にとって、看護学校に合格する事が、難しくなっている中で、受験に成功するためには、看護学校の受験で行われる面接のことをしっかり理解していなければなりません。

    看護学校の面接は、会社の面接以上であると思って望みましょう。

    皆さんが今まで、アルバイトや会社の面接に行く時、何を考えて活動しましたか?自分のできることなど自己アピールしませんでしたか?もちろん、女性とは違う目線で、男性ならでは、できることもたくさんあるでしょう。

    なので、自分自身のできることをアピールしたくなりますが、看護学校の面接では、もう一つ先を見なければいけません。

    「看護学校」や「看護専門学校」の面接で、気をつけてほしいことは、自分を中心に考えるのではなく患者様を中心に考えて答えるべきです。

    自分ならどのように接することができるか、そして、「病院にとって自分を必要と思ってもらえる」ような、面接をしなければなりません。

    看護学校の面接時間は、わずか10分足らずです。早い場合であれば、5分の時もあるでしょう。その短時間で、女性がたくさん働いている世界に、男性自身をアピールすることはもはや、通常の会社面接よりも厳しいか知れません。

    このようなことを、理解しながら本番の看護学校の面接に向かい、面接受験対策をきっちりとしていなければ、当然不合格になるでしょう。

    通常は「看護師にどうしてなりたいと思いましたか?」などの基本的な質問もありますが、変則的な質問もたくさん飛んできますので気をつけなければなりません。

  • 看護学校の面接対策はこれで十分 » クリック

  • 5.男性が看護大学と専門学校で好かれる志望動機書作り。

    kangoshiman7

    男性でも女性でも「看護大学と看護専門学校」を受験する際には、必ず志望動機書を作成しなければなりません。

    看護学校の面接官も、皆様の志望動機書を確認した上で、面接を行います。

    看護学校に提出する志望動機書が、看護師としてふさわしくないと判断された場合、不合格になるでしょう。

    そこで、志望動機書には、自分が「どうして看護師になりたいのか?」「どんな看護師になりたいのか?」確実に、伝えなければなりません。

    当 看護予備校でも、初めて志望動機書を書く男性によくあるパターンが昔から人助けの仕事をしたかったからです。と答える男性がたくさんいます。

    しかし、これを志望動機や面接で答えた場合、男性だからこそ余計に、「面接官から人助けの仕事は看護師以外にもありますが?」と言われてしまうででしょう。

    そこで、志望動機書には、自分が具体的にどうして看護学校を受験しようと思ったのか?しっかりと伝える練習をするべきです。例えば、

    私が幼かった頃、私の祖母が入院していました。祖母は、少し痴呆も患い、担当の看護師さんをかなり困らせていました。しかし、看護師さんは、迷惑をかけている自分の祖母に対して、全く嫌な顔一つせず、面倒を見てくれました。

    私は、彼女の姿に感銘を受け、看護師という職業に憧れをもちました。看護師の仕事は、非常に大変だと聞いていますが、どんなに辛い仕事でも、笑顔で患者様に対応ができるように努力し、患者様の家族にも安心を与えれる看護師になりたいと思います。

    上記のように、しっかりと文を書いてあげることで、「あなたがどうして看護師になりたいのか?」「どのくらい看護師になりたい思いがあるのか?」伝えることができるでしょう。

    看護学校受験の志望動機書は、読み手を意識してあなたの志望理由を書いてあげて下さい。

  • 志望動機書対策はこれで決まり » クリック

  • 6.男性看護師を目指すからには受験までにやっておきたいこと。

    kangoshiman6

    男性が看護師の世界に入るための受験だけでもまだまだ、ハンディがある世界だと思います。

    だからと言って、男性が看護学校や看護専門学校に合格できないわけではありません。

    実際に、毎年、ある程度の人数の男性が看護大学や看護専門学校に合格しています。

    そして、各病棟をみても(産婦人科以外)男性が一人配属されていたりもします。そこで、男性が看護学校に合格するために、大切なことは

    事前に看護学校や看護専門学校の調査することをお勧めします。!!

    例えば、今現在、自分自身にとって興味のある看護学校があるとします。しかし、その看護専門学校に、ほとんど男性がいないのであれば、男性を受け入れる体制が整っていないということでしょう。

    ただ単に、紙面上のテストに合格すれば看護師になれるのではありません。看護学校では、長時間の実習を行わなければなりませんので、それも考慮した上で、皆様に合格を通達しなければならないところが難しい問題ではあります。

    困難な理由の一つとして実習では、男性の場合は、女性の患者さんの清拭やシャワー浴、陰部洗浄などを洗うことはできません。そのために入学者の人数も限られてきます。

    だからこそ、毎年男性を受け入れている看護大学や看護専門学校などを調べることで、合格できる確率を上げることができます。

    7.男性一人で行く看護学校のセミナーとオープンキャンパス

    kagoshiman8

    年度の初めは、新入生のこともあり、各看護学校で、大きくオープンキャンパスを行ってはいません。

    しかし、月が変わるごとに、「オープンキャンパスやセミナー」などがどんどん開催されていきます。

    男性が看護学校や看護専門学校を受ける際には必ず、セミナーやオープンキャンパスに参加し、情報を集めて下さい。

    いざ受験の前に、受験する「看護学校や看護専門学校」に男性が通学しているかを探すのでは、正直遅いでしょう。

    そして、一人も男性が通っていない看護学校を受験しても合格する確率は極めて少ないでしょう。事前に分かる情報はすべて集めて下さい。

    各、学年に何人の男性がいるのか?昨年度に国家試験を合格した男子は何人なのか?

    オープンキャンパスやセミナーでは、聞ける機会を作ることができるので、、機会があれば相談会でどんどん、聞くことが合格の近道にもなります。そして、できるだけ、受験する予定の看護学校もある程度絞っていきましょう。

    看護師の世界はまだまだ、女性がリードしている時代でありますので、まずはセミナーやオープンキャンパスに参加し、その環境に慣れることも必要であります。

  • 看護学校のオープンキャンパスには準備が必要 » クリック

  • 8.看護学校と看護専門学校は男子学生をどう思っているのか。

    kangoshiman9

    近年、看護師の世界に入ろうと、たくさんの男子が看護学校と看護専門学校に受験しています。

    しかし、女子学生を受け入れるのとは違い、たくさんの壁があります。

    医療現場としては、看護師の人数がまだまだ足りていないので、猫の手も借りたい状態ですが、看護学校に受け入れてもらえる男子の生徒の人数は少ないです。

    これは、看護師になるための実習でどうしても身体に触れる必要があることが困難になります。看護師になった後も、まだまだ、世の中に男性看護師が認知されていないので患者様の中には男性の看護師に身体を触られることを嫌がる人もいます。

    しかし、看護学校側とすればこれからの時代、男性も看護師として働いてほしいので、受け皿がどんどん増えていくかも知れません。

  • もっと詳しい勉強法について詳しくはこちら »

  • 9.看護学校入学後の男子生徒の存在とは。

    kangoshiman10

    男性が看護師になるために、狭き門である看護学校の受験勉強を乗り越えました。

    しかし、看護学校に入学後した後、男性は、周りの女子からはどのような存在なのでしょうか?

    看護専門学校であれば3年間、看護大学であれば4年間の月日を過ごすので気になるところではないでしょうか。

    ある看護専門学校の男性の入学者数ですが、昨年度は16人、しかし今年は8人のように男性は、年度によって入学できる人数も変わってきます。

    看護師の世界は女性が9割、男性が1割、と言われています。

    そしてまだまだ、男性向きに全てが作られているわけではないので、苦労することもあります。しかし、同じ職業を目指して、看護学を勉強していくことには男性も、女性も変わりません。

    よく、男性生徒はいじめられるとか言われていますが、それは、いじめられる隙を作ってしまうところにもあります。学業に専念しなかったり、真面目さがかける方はそのような標的になったりします。

    その全く逆で、女性から憧れられる男性もいます。真面目に看護学を学び、日々、女性とも看護について相談しあい、切磋琢磨している男性は、女子生徒から頼りにされてます。

    特に、看護学校では課題があり、グループ別で討論をして内容を発表しますが、その際に男性が先頭に立ち、発表することもよくあります。学生の自治会でも、役員の多くが男性であったりもします。

    どうしても、女性の多い世界になりますので、圧倒される部分もあるかと思いますが、日々勉強し看護に対して真っすぐ努力していれば男性看護師としての道がしっかりと開かれるでしょう。

    10.看護学校卒業後、男性看護師が活躍している現場

    kangoshiman11

    看護学校の受験を成功し、看護学校も順調に卒業して、国家資格取得後、男性看護師として働いていくことになります。

    では、男性看護師の働き先はどこでしょうか?

    昔から一番多かったのが精神科でしたが、今では各病棟で男性看護師が必要とされています。

    現在では高齢化も進み、病院にはたくさんの高齢者がいます。

    昔とは違い、日本人の体も大きくなり、女性だけでは、その重労働が大変です。男性の魅力の一つとして、基本的には、女性よりも力がありますので、男性に頼りたいところもあります。

    働き場所としてあるのが

    救急 精神科 整形外科 脳神経外科 ICU  手術室  透析室 老人介護、救急隊、幼稚園 保育園 養護施設など

    たくさんあります。

    男性看護師として重宝される場所は、看護度が高い診療科になります。自分一人で寝返りをとることも困難な患者様や、非常に体格の大きな患者さんの車椅子移乗や体位変換の介助、不安定な歩行練習に付き添う場合、患者様の転倒を予測し看護師が支えてあげなければなりません。

    どうしても男性と女性では、体重差がありますのでこのような力を使ったり、動きが必要な場合は男性看護師の力を借りたいので男性看護師として力の発揮できる仕事場でしょう。

    そして男性の患者の悩みも、男性の看護師ならでは相談できることもあるので、男性看護師がいれば病棟とすれば心強いです。

  • もっと詳しい勉強法について詳しくはこちら »

  • 11.男性の看護師の悩み

    現在は、看護師の需要が非常に多く、女性だけではなく、男性も看護師を目指す方が大変増えました。特に、高校生の頃から看護師を目指し、受験勉強をしている学生もたくさんいらっしゃいます。

    今後、時代の変化として男性の看護師もたくさん増えてくるかもしれません。しかし、まだまだ現場では、男性だから苦労している部分もたくさんあります。

    一番の悩みは女性患者のケアであったり、女性看護師とのやり取りに関しては性別があるので、困惑することもあります。

    これから受験をして、看護師になった後、女性の看護師の方が皆様の先輩になることが多いでしょう。以前では、男性看護師の人数も少なかったので、理解してもらえないこともたくさんありました。

    現在は、先輩にあたる女性看護師も男性の看護師に対して理解しているところはあります。看護師の世界に入った時、男性が気をつけなければならないことは、自分勝手に物事を決めてしまうことです。できない時や困った時は、必ず素直に相談しましょう。

    このような意思疎通がしっかりと図れている場合は、男性にとっても過ごしやすい職場となりますので、普段からチームワークを重視し働きやすい職場をつくるのも自分次第です。

    また男性だからこそできる仕事もたくさんありますので、自分から率先して、女性看護師が困っていることなどを、手伝うことにより頼りにされる男性看護師として成長することができます。

    12.看護師になった男性の収入。

    salary

    看護学校卒業後、看護師として働いていきますが、男女の給料の差はまったくありません。

    基本的には、給料の基準は決まっていて、経験年数により、給料アップになっていきます。

    大卒の初任給はおよそ17万ぐらいですが、看護師は20万円ぐらいもらえます。

    そして何よりも魅力的なのが、夜勤などの手当がつくことでしょう。

    手当がつくことにより給料がどんどん増加します。他の職業の場合、会社の売上等で存続が難しくなる場合もありますが、看護師の仕事が、世の中からなくなることは極めて少ないでしょう。

    まだまだ、これから人員が必要となりますので、今から、看護師を目指す方がたいへん多いです。そして、女性の場合は、結婚、妊娠、出産などで病院を退職する方もいらっしゃいますが、男性の場合、家庭を守っていく立場になりますので、職場を長期休暇することはありません。

    人で不足の中で、安定して出勤できる男性看護師の役割がどんどん増えていきそうです。

  • 毎年95パーセント以上の合格率の看護予備校 » クリック

  • まとめ

    今では、男性も看護師をどんどん目指していく時代になっています。もちろんまだまだ、看護師の世界は女性がたくさんいる中で、働くことになりますので、男性にとって、戸惑うこともあると思いますが、近い将来男性と女性、半々になっているかもしれません。

    看護受験生の皆様にお知らせ!!

    11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
    いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
    リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
    一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
    「一般入試」に挑みましょう。
    模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
    あなたを確実に成長させてくれます。

    下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

    メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
    をお届けします!
    ※迷惑メール設定をされている方は
    【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

    関連記事