看護受験によくでる慣用句!!慣用句を論破。- 7.DAY

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 10 hrs 37 mins 43 secs

今日は、皆さんが看護学校を受験する時の学校選びについてのアドバイスをします。

高校生であれば、どこの看護学校を受験してもまったく問題ないのですが、

社会人が看護学校の受験を考え、看護学校を選ぶときには、在学生している学生の年齢に着目した方がいいです。

例えば、在学生の年齢が25歳以下だった場合、自分自身の年齢も25歳以下である方が合格できる確率は高くなります。

また、在学生の最高齢が45歳だった場合、45歳までの誰にでも看護専門学校の受験に合格できる可能性があります。

当 看護予備校でも毎年、各看護学校の年齢調査を行いますが看護学校によりそれぞれの色があります。

看護学校の受験は就職活動と変わりませんので、看護学校の偏差値(レベル)だけを意識するのではなく、オープンキャンパスを行く際にはこれらのことも参考にしてください。

それでは、今日も慣用句をテストしていきましょう。

看護受験によく出る慣用句vol.7

意 味: 方々に気を配って、手ぬかりがないこと

意 味: 相手に処置をまかせること

意 味: あきれてものが言えないこと

意 味: 結末をつけること、終わりにすること

意 味: ちょっとしたことでもがまんできない性格のこと

意 味: むなさわぎがすること、悪いことがおこりそうで、落ちつかないこと

意 味: 気になること

意 味: できるだけのことをすること

意 味: 油断やのんびりすること

意 味: じっくりと落ち着いて一つのことに取り組むこと

意 味: びっくりして気力を失うこと

意 味: ちらっと聞くこと

意 味: もうどうしようないとあきらめること

意 味: なんとか一応の格好がつくこと

意 味: すべての好条件がそろうこと

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事