看護学校が不合格になった理由はこれを見ればわかる。

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
169 days 00 hrs 36 mins 01 secs

看護学校のが不合格になる理由として、

・筆記テストの点数が極めて低かった。
・志望動機が看護学校の先生が納得いくものでなかった。
・面接官に好印象を与えることができなかった。

です。

これら3つの内1つでも欠けているなら今すぐ見直すべきです。

さらに入試別で不合格になる理由もあるので見ていきましょう。

AO入試で不合格になる理由。

・欠席数や遅刻が多い。
・病気を患っている。
・転職が多い。
・自分の年齢と在学生の年齢が離れている。
・資格が何もない。(特に英検や漢検など)
・在学校の偏差値が低い。
・評定平均が低い。

公募入試で不合格になる理由

・欠席数や遅刻が多い。
・病気を患っている。
・評定平均が低い。
・在学校の偏差値が低い。

社会人入試で不合格になる理由

・転職が多い。
・病気を患っている。
・自分の年齢と在学生の年齢が離れている。
・幼い子供がいる。

一般入試で不合格になるパターン

・欠席数や遅刻が多い。
・病気を患っている。
・転職が多い。
・自分の年齢と在学生の年齢が離れている。
・在学校の偏差値が低い。
・評定平均が低い。
・自分の年齢と在学生の年齢が離れている。
・幼い子供がいる。

まとめ

もちろん、上記に該当していたとしてもそのかわし方はたくさんあります。

しかし、自分では対策ができないので不合格が続いてしまうのです。

看護受験は、志望動機や面接でマイナスな部分をプラスに見せる技術が必要です。不合格が続く学生は看護受験専門の予備校でチェックしてもらいましょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事