看護学校の合格を身近なものにするには何に気を付けるべきなのか。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
03 days 14 hrs 38 mins 07 secs

看護学校の合格を身近なものにするには、受験予定の看護学校に通う学生の

在学生の年齢

男女の比率

過去問の難易度

この3つは最低限チェックしてください。

在学生の年齢層をチェックすべき理由

入試要項に年齢制限は書いていませんが、看護学校によって合格できる年齢層が異なります。

(例)とある看護専門学校に通う年齢層。

看護学校の1年生に通う年齢層
K看護専門学校 18歳~19歳
N看護専門学校 18歳~28歳
o看護専門学校 18歳~43歳
M看護専門学校 18歳~46歳

注目すべきは、K看護専門学校です。

この看護学校には、高卒1年目の学生しか通学していません。

仮に、社会人がK看護専門学校を受験した場合、不合格になる可能性が高いのです。

従って、受験前には看護学校の年齢層をチェックする必要があります。

受験校に通う男女の比率をチェックすべき理由

男性が看護学校の受験をする場合には、受験校に同性の学生が何人在学しているかチェックする必要があります。

(例)とある看護専門学校に通う男性の数(1学年)。

全体の募集定員 通っている男性
R看護専門学校 約60人 2人
N看護専門学校 約40人 2人
K看護専門学校 約80人 8人
o看護専門学校 約80人 10人

「R看護専門学校やN看護専門学校」を受験した場合、男性の合格できる確率が低いことがわかります。

従って、男性が看護専門学校を受験するなら「K看護専門学校やo看護専門学校」を目指す方が合格できる確率は上がるので、受験校の男女の比率は必ずチェックする必要があります。

過去問の難易度をチェックすべき理由

看護学校の入試問題のレベルは様々です。

中学校レベルの入試問題が出題される学校もあれば、偏差値60以上の大学で出題される入試問題を利用している看護学校もあります。

看護学校に入学し卒業すれば、90%以上の方が看護国家資格が取得できます。

従って、極端に難しい看護学校を狙いすぎると、看護国家資格を取得するチャンスも逃すことにも成り兼ねません。

「理想とする看護学校に合格することか」それとも「看護国家資格を取得することか」を考えることも必要です。

まとめ

看護学校の合格を身近なものにするには、受験予定の看護学校に通う学生の

在学生の年齢

男女の比率

過去問の難易度

をチェックしておく必要がありました。

しかし、自分一人でこれらの情報を入手するのは難しいので、多くの受験生が看護受験に特化した看護予備校に通います。

看護予備校に通うことで、あなたを看護受験の合格へ導いてくれます。

看護予備校大阪KAZアカデミー(トップページ)

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事