看護受験によくでる慣用句!!慣用句を論破。- 11.DAY

Author:看護予備校KAZアカデミー

第2回〆切まで
35 days 05 hrs 28 mins 01 secs

本日は、看護予備校だからわかる「受験生のこだわりミス」についてお話します。

看護師になるには、看護国家資格を取得しなければ絶対になることはできません。

看護国家資格を取得するための絶対条件は「看護学校に合格すること」です。

ここまでは一般的なことですが、ここからが問題です。

Aさん(30歳)は「〇〇専門学校で看護国家資格を取得したい。」
Bさん(35歳)は「どこの専門学校でもいいので看護国家資格を取得したい。」

もちろん、「こだわり」を持ち目標に向かって受験勉強することは良いことなのですが、

もし仮に、Aさんが選んだ〇〇看護専門学校の在校生の年齢が25歳以下だった場合、合格できると思いますか!?

残念ながら極めて難しいでしょう。

これが「こだわりミス」です。

あなたが看護学校の受験に成功するには、まず在校生の年齢を調べる必要があります。

そして、それから第一志望を決める必要があります。

当校は看護の予備校だからこそ、各看護学校に通っている学生の年齢層を把握しています。

あなたが看護学校の受験校選びに悩んだら是非、看護 予備校 KAZアカデミーまでお問い合わせください。

それでは本日も、看護受験必須の慣用句を勉強していきましょう。

看護受験によく出る慣用句vol.11

意 味:休みをとったり、心身の緊張をほぐすこと

意 味: 仕事でひまができること

意 味: 世話がやけること

意 味: 関係がなくなること

意 味: するべき方法がないこと、どうすることもできないこと

意 味: 自分の力がおよばないこと

意 味: 世話が行きとどくこと

意 味: ①人手(働き手)がいないこと②方法や手段がないこと

意 味: ①自分と関係がなくなること②子どもが大きくなって、親の世話がなくなること

意 味: 自分から面倒を見て、大切に育てること

意 味: 人を思いのままにあやつること

意 味: たいへんはらはらする危ない状態のこと

意 味: もてあますこと(同)手に余る

意 味: 自分の手ですること

意 味: ①思うままになること②うまくだまされること

意 味: どうにも処理できないこと

意 味: 必要な手段をとることと

意 味: 手助けすること(同)力を貸す

意 味: 関係をなくすこと

意 味: 手をつけ、やり始めること

意 味: できる限りの手段や方法をとること

意 味: 使いならすこと、手になじませること

意 味: いいかげんにやること

意 味: 仕事や行動の範囲を広げること

意 味: 持て余すこと(同)手に余る

意 味: 他人にやっかいになること

意 味: 得意になり、調子にのること

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事