今更聞けない基礎英語 | 代名詞・前置詞(toとfor)

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
53 days 05 hrs 54 mins 51 secs

代名詞とは。

『代名詞』とは、「名詞の代わりをする言葉」です。

代名詞を使う理由。

代名詞は、英文上で同じ言葉を重複させないために使います。

代名詞の種類。

『代名詞』は大きく分けて5種類あります。

人称代名詞・指示代名詞・不定代名詞・疑問代名詞・関係代名詞

人称代名詞の一覧。

人称代名詞とは

『人称代名詞』とは「人を表す代名詞」です。

「人称代名詞」の中には、「主格(~は)」・「~所有格(~の)」・「目的格(~に/を)」以外にも、「所有代名詞(~のもの」と「再帰代名詞(~自身)」があります。

一人称とは。

『一人称』とは、「一人称」とは、「自分」(話し手)。

・I(単数形)・we(複数形)など。

二人称とは。

『二人称』とは、「相手」(聞き手)。

・you(単数形/複数形)など。

三人称とは

『三人称』とは、「自分」と「相手」以外の全て。

・he(単数形)・she(単数形)・it(単数形)・they(複数形)など。

主格とは

『主格(~は)』とは、文の主語として使われる代名詞。

・I・you・he など。

所有格とは。

『所有格(~の)』とは、名詞の前につき、「だれだれの〜」という所有を表す代名詞。

・my・your・his など。

目的格とは。

『目的格(~に/を)』とは、「だれだれを/だれだれに」のように「目的語」として使われる代名詞。

・me・you・him など。

指示代名詞とは。

『指示代名詞』とは、 モノ、こと、人を指し示します。

不定代名詞とは。

『不定代名詞』とは、 人やモノ、数量など を漠然と示します。

疑問代名詞とは。

『疑問代名詞』とは、名詞の代わりをする疑問詞。

関係代名詞とは。

『関係代名詞』では、「先行詞(名詞)+疑問詞」を使って2つの文を1つの文にします。

後に詳しく説明するので、現段階では、関係代名詞にも「who」や「which」などを使うことだけ覚えておきましょう。

前置詞とは。

『前置詞』とは、名詞の前に置き、場所や方向、時など、名詞・代名詞の意味を補う言葉です。

toの使い方。

『to』はゴールに「向かう方向」と「到達する」という意味があり、相手がないと出来ない行動。

forの使い方。

『for』はゴールに「向かう方向」だけを意味します。相手がいなくても出来る行動。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事