今更聞けない基礎英語 | 一般動詞(2)の作り方

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
53 days 06 hrs 00 mins 59 secs

三人称単数と肯定文の作り方。

三人称単数とは、He・She・It・男(単数)・女(単数)もの(単数)のことです。これらを主語に使う場合、一般動詞に『s』もしくは『es』をつけます。

三人称単数の肯定文で注意すべきこと。

・語尾がs,sh,ch,oで終わる動詞は,esをつけます。
・haveだけはhasに変形。
・語尾が<子音字+y>で終わる動詞は,語尾のyをiにかえてesをつけます。

三人称単数の否定文の作り方。

三人称単数の否定文は、主語の後に「does not /doesn’t」を使い、動詞はもとの形(原形)を使います。

三人称単数と否定文(例文)

三人称単数の疑問文の作り方。

三人称単数の疑問文は、主語の前に「Does」を使い、動詞はもとの形(原形)を使います。

返答にも、「does」を利用します。

whoは三人称単数として考える。

「who」で始まる疑問文は、「who」を三人称単数として考えるので、一般動詞に(s/es)が必要となる。

※ 「who(誰が)」は主語なので、『Who+動詞 ~?』の形となる。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事