今更聞けない基礎英語 | 受け身(受動態)の否定文と疑問文

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
176 days 02 hrs 36 mins 19 secs

受け身(受動態)の否定文

受け身(受動態)の否定文は、be動詞の後に『not』をつけるだけでOK。

受け身(受動態)の否定文の例文

■ このペンはケンによって使われません。

→ This pen is not used by Ken.

■ このペンはケンによって使われなかった。

→ This pen was not used by Ken.

受け身(受動態)の疑問文

受け身(受動態)の疑問文は、be動詞を『主語の前』に出すだけでOK。

受け身(受動態)の疑問文の例文

■ このペンはケンによって使われますか。

→ Is this pen used by Ken?

返答

はい、使われます。

Yes, it is.

いいえ、使われません。

No, it isn’t.

■ このペンはケンによって使われましたか。

→ Was this pen used by Ken?

返答

はい、使われました。

Yes, it was.

いいえ、使われませんでした。

No, it wasn’t.

byが省略される受け身(受動態)

受け身(受動態)の文で、一般の人たちを指すときや行為者がはっきりない場合、『by』を省略します。

byが省略される受け身(受動態)の例文

■ 英語は多くの国で話されています。

→ English is spoken in many countries.

■ 私たちの家は1980年に建てられました。

→ Our house was built in 1980.

前置詞がつく場合にも『by』が省略される。

・be known to ~「~に知られている」
・be covered with ~「~で覆われている」
・be filled with ~「~でいっぱいである、~で満たされている」
・be caught in ~「~に降られる、~に巻き込まれる」
など

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事