be動詞の基本 : 否定文:英語のモヤモヤ解決、嫌いな英語が好きになる看護受験英語 #3

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
127 days 15 hrs 55 mins 43 secs

過去問動画解説・傾向と対策

英語の文章には、

主語+動詞

そして

「be動詞」というものが、

基本の形になっていましたね。

次に、be動詞を利用した

「否定文」について

説明していきたいと思います。

否定って何?

否定文と言われても聞きなれない

言葉ですよね。簡単に説明すると

~ではありません。

という文章です。


なので、文の最後を見て

~ではありません。

と見つけたら「否定文」にする意識を持ちましょう。

では、どのように使われているのか

見てみましょう。


全部、be動詞の後ろに「not」が入っていますよね。

この位置は絶対に変わらないので

要注意です。

be動詞の省略系

実は、「be動詞」と「not」は省略できます。

is not ⇒ isn’t 〇
are not ⇒ aren’t 〇

「am」と「not」は!?

って思いましたか?

ちなみに

「amn’t」は使いません。

省略する時には、

am not ⇒ amn’t ×
I am not ⇒ I’m not 〇

のように、

「I’m not」

の方を使います。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事