今更聞けない基礎英語 | 過去形進行形

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
172 days 02 hrs 22 mins 13 secs

過去進行形とは

『過去進行形』は、『過去のあるときに継続中だった行動』などを表します。

過去進行形の肯定文の作り方

『過去進行形』は、『be動詞の過去形 + 動詞にing』 で表します。意味は『~していたところです。/ ~していた。』と訳します。

過去進行形の肯定文(例文)

■ 私は公園で野球をしていたところです。

→ I was playing baseball in the park .

過去進行形の否定文

『過去進行形の否定文』は、『be動詞の過去形 + not + 動詞にing』で表します。 意味は『~していたところではありません。/ ~していませんでした。』と訳します。

過去進行形の否定文(例文)

■ 彼は手紙を書いていたところではありません。

→ He was not writing a letter .

-ing形の作り方

動詞にingをつけるには、3種類あります。

過去進行形の疑問文

『過去進行形の疑問文』は、『be動詞の過去形 + 主語 + 動詞にing』で表します。 意味は『~していたところですか。/~していたの ですか。』と訳します。

過去進行形の疑問文(例文)

■ あなたは数学を勉強していたのですか。

→ Were you studying math ?

返答 はい、していました。/ いいえ、していませんでした。

Yes , I was./No , I was not.

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事