40代社会人が看護学校を受験して、看護師を目指す最短距離。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-forty1

40代社会人が看護学校を受験して、看護師を目指す最短距離。

合格するには

40代の社会人の皆様にとって、看護学校にもう一度通い看護師の資格を取得しようと思うことは、素晴らしいことだと思います。年齢が経つに連れ、学習意欲もなくなり、看護師になりたくても諦めてしまう方も多いと思います

しかし、昔の40代と今の40代は明らかに違います。職場でも若い子に負けないぐらい、まだまだバリバリ働けるエネルギーがあります。そのエネルギーがあれば看護学校の受験に合格することができます。

これから看護学校の受験勉強を行っていきますが、決してやり方を間違えてはいけません。勉強の仕方を間違えると非常に時間をロスすることになります。看護学校を受験するのに、あまり時間をかけたくないですよね。できれば受験勉強を始めてから一年で合格したいものです。

そのためには勉強、面接、志望動機書などをしっかり作成しなければなりません。当 看護予備校でも毎年40代の方が看護学校の受験に成功しています。看護学校の受験に成功するにはこれらのことをきっちりとしなければなりません。

勉強法

40代になってくると、仕事でも大役を任されることも増えるでしょう。その中で、看護学校の受験勉強をしていかなければなりませんので非常に大変です。看護学校の受験勉強はとにかく効率の良さが大切になります。

おそらく学生時代に勉強していた内容は忘れていることが多いでしょう。忘れている内容を思い出すには絶対に基礎から勉強しなければなりません。この基礎勉強をおごそかにすると絶対に合格できません。

時間がかかるように感じますがきっちり看護学校の受験の日程から逆算して計画を立てた上で勉強していくことをお勧めします。看護学校の受験には数学が大切になりますので、看護学校を受験しようと思ったのであればいち早く数学の勉強から始めることをお勧めします。

面接対策

面接は、何歳になっても非常に緊張するものです。なぜ看護学校の受験には面接があるのか?それは物を売る営業ではなく、患者様や患者様の家族としっかりと話せる人なのかも確かめれらています。

患者様や患者様の家族は、病気で不安になっている中、看護師さんに強い口調で追い打ちをかけらては、気も休まらないですよね。何歳であっても患者様にやさしい言葉をかけることのできる心の優しい人を看護学校の受験面接では、面接官にみられています。

そして、上辺だけの面接練習では、必ずボロが出てしますので、しっかりと看護学校の面接の対策をとっておかなければなりません。

志望動機書対策

すでに社会人経験をある程度行い、職場で色々な経験を積まれてきていると思います。看護学校の受験には志望動機書などを作成しなければなりませんが、その中でも、どうして看護師を目指されましたか?と聞かれることが多いです。

現時点で社会人経験をされているので、看護学校側もなぜ看護師を目指したのかが非常に気になるところです。

その答え方によっては、どれだけ筆記テストを頑張ってきていても、看護学校の受験で落とされるでしょう。
看護学校の受験の合否は筆記テスト50%面接・志望動機書50%だと思ってください。看護学校に提出する志望動機書もしっかりと対策を行わないと不合格になる確率を上げてしまいます。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事