因数分解の応用編3:看護学校の受験数学(中学数学)を分かりやすく図解で説明

Author:看護予備校KAZアカデミー

いよいよ、因数分解の応用も終盤にさしかかってきましたよね。

看護学校の入試問題は、

「中学3年生から高校1年生」までのレベルものが出題されますよね。

中学生のレベルのレベルといえば、

一見、簡単そうに聞こえますが、

基本が出来ていなければ、実は難しいんですよね。

しかし、中学3年生のレベルものがしっかりとできていれば、

高校数学はそれほど難しくありません。

逆に高校数学が難しくて全く進まない・・・

と感じる学生の皆様は、一旦中学生の数学の勉強をすることをお勧めします。

「一次方程式」「二次方程式」「展開や因数分解」「平方根」等

高校数学で出題されるものはたくさんあるので、

一度見直してみてください。

それでは、本日も因数分解の応用編③をしてみましょう。

解けましたか?

もちろん、「展開も因数分解」もまだ他に公式はありますが、

まずは、これがその基本となるので、覚えておいてください。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事