因数分解の応用編2:看護学校の受験数学(中学数学)を分かりやすく図解で説明

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

本日も昨日に続き、看護学校の受験に出題される

「因数分解」の勉強をしていきたいと思います。

皆さんにとって「因数分解」は難しいですか?

でも少しの閃きさえあれば、

どんな難しい「因数分解」も後は、

「基本の公式」に入れてあげるだけで、解くことが出来るんですよね。

でも、その「閃き」はどうすれば手に入れれるの!?

看護学校の合格を目指す受験生にとっては知りたいところですよね。

答えはシンプルに「経験」です。

どれほど優れた学生だったとしても、

見たことのない問題を見た時は、

解くことが出来ないんですよね。

でも、もし、一度解いたことがある問題が入試に出題されたらどうでしょうか?

解ける確率はグーンと上がりますよね!?

看護学校の受験に合格するには、とにかく問題との出会いが一番大切です。

なので、これから看護学校の受験を目指すのであれば、

出来る限り多くの問題を解くことをお勧めします。

きっと、入試で同じ問題が出題されるはずです。

では、本日の「因数分解の応用問題」解いてみましょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事