産業保健師になるには、3つの試練を乗り越えよう。

Author:看護予備校KAZアカデミー

industrial-nurse1

過去問動画解説・傾向と対策

産業保健師って何?

保健師の仕事にも、いくつか種類があるのはご存知ですか?

まず初めに、皆様が子供の頃にお世話になった人も多いとは思いますが、学校の保健室で仕事をしていた先生を「学校保健師」と言います。

そして次に、地域の保健所や保健センターで、皆様の安全と健康を支えてくれているのが「行政保健師」です。

最後に、会社で働いている会社員たちの健康管理をしてくれているのが「産業保健師」です。

病院や学校そして保健所のイメージは、皆様の中でもイメージがつくと思いますが、従業員をたくさん抱えてい大きな会社では「保健医療部門」があります。産業保健師は、そこで働いていますので、会社のいち従業員となります。

  • 一発合格目指す。年齢別、効率の良い勉強法 » クリック

  • 産業保健師の仕事は何?

    産業保健師の仕事は、会社で働いている会社員の日々の健康管理や急な体調不良を訴えた人の処置そして、業務によれば怪我をしてしまう場合もあるので、怪我の処置、さらに健康診断なのを行います。

    そして、近年、目に見える病気だけではなく、精神的な病気や、ストレス対策などのアドバイスもします。あまりにも、労働が厳しすぎる場合は、従業員の健康管理を維持するために勤務形態などにも目を配ります。

    <産業保健師の仕事内容まとめ>
    ◯健康診断実地
    ◯風邪や体調不良・怪我の治療
    ◯保健指導業務
    ◯過重労働に対しての提案
    ◯うつ病などストレスなどのメンタルヘルスケア対策
    ◯休職者や長時間労働者が負担になっていないか面談
    など
  • 英語の完璧な勉強法と英語のイロハ » クリック

  • 産業保健師だから会社が望むこととは。

    会社が、自社に保健師を常に在中させているには、色々な目的があります。社員の健康管理や怪我などの処置に関してはもちろんですが、近年、社会問題にもなっている精神病(うつ病など)にならないようにするためでもあります。

    うつ病は、マイペース、脳天気、前向きな性格だと思っている人でも、急にうつ病になってしまうことは多々あります。普段から、産業保健師と話すことにより、精神的負担がカウンセリングにより、回避されます。

    そして、一度うつ病になってしまうと、中々完治するのは難しいので、会社としても未然に防ぎたいところです。産業保健師と話せる場があることで、従業員も安心して働くことができ、精神病のリスクもなくなります。

    中には、保健師の資格とカウンセラーの資格の両方を取得している産業保健師もいます。

  • 看護学校の面接対策はこれで十分 » クリック

  • 産業保健師のやりがいは何?

    産業保健師の場合、ある程度会社からの指示はあるものの、全てを支持されるわけではなく、大方自分で判断して、仕事をしなければなりません。

    たいていの場合は、一つの会社に対して、一人の産業保健師なので、負担はあるものの、自分で責任をもって、会社の健康を守ることは大変やりがいのあるものです。

    会社の健康はあなたの手にゆだねられています。

  • 毎年95パーセント以上の合格率の看護予備校 » クリック

  • 産業保健師になるためには、第一ステップ看護国家資格を取得しよう

    まず、産業保健師を目指そうと思っても、すぐには就職できません。産業保健師になるための最初のステップとして、看護国家資格を取得する必要があります。

    産業保健師に辿りつくまでも大変なことですが、近年、看護国家資格を取得するのが困難です。理由の一つは、高齢者が増え看護師の需要が増えたからです。

    現在の経済状況から考えても、看護師の職は非常に安定しています。安定を求め、多くの人が看護師を目指しています。看護国家資格があれば、ほとんどの方が病院で就職することができます。

    さらに、もう一つ目指す理由として、給料やボーナスも十分に貰うことができます。

    そのため、看護師を目指そうと、高校生から社会人そして、主婦の皆様が受験勉強に励んでいます。

    看護国家資格を取得方法は、看護専門学校や看護短大(3年間)そして看護大学(4年間)の学習を積むことにより、看護国家受験資格を取得できます。

    学校では看護受験資格だけ取得できるので、その後、看護国家試験を受験します。産業保健師になるために、最初のステップとして、まず看護国家資格を取得しましょう。

  • 看護師になるまでの勉強法について詳しくはこちら »

  • 志望動機書対策はこれで決まり » クリック

  • 産業保健師になるための第二ステップ、保健師の国家資格を取得しよう

    産業保健師になるには、看護国家資格の他に保健師の資格を取得しなければなりません。この保健師の資格を取得して初めて産業保健師の権利を得ることができます。

    保健師になるためには、看護国家資格を取得した後に6ヶ月以上、看護大学や看護専門学校で保健師の課程を学ぶ必要があります。看護大学では、看護国家資格と併用して、保健師の受験資格も取得できるので、もし、保健師の資格を併用して取得できるのであれば、頑張って保健師の資格を取得することをお勧めします。

  • 毎年95パーセント以上の合格率の看護予備校 » クリック

  • 産業保健師になるための第三ステップ就職先探し。

    産業保健師なるために一番大変なことは、就職先の探し方です。保健師になることまでは、多くのサイトでも説明されていますが、産業保健師になる場合は、就職活動になるので、自分で、企業を探さなければなりません。

    そして、多くの会社が、産業保健師を雇用するのにたいてい1名なので、現在、働いている方がいれば、その会社で働くことができません。

    そこで大切なのは、日々転職サイト等で、産業保健師の空きが出ていないかを探すことです。探すことにより、たくさんの会社の形態もわかりますし、募集しているところにも出会います。

    もし身近に、会社で働いている方がいれば、その方に、産業保健師を募集していないかをきくのも一つの方法です。それぐらい、産業保健師になるには、狭き門になっています。

    これら、3つの試験をクリアすることにより、産業保健師を勝ち取ることができます。

    さらに、新卒から産業保健師になりたい場合は、産業カウンセラーの資格を取得していれば、就職活動にも、重宝します。

  • 助産師になるための最短距離。 » クリック

  • 看護受験生の皆様にお知らせ!!

    11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
    いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
    リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
    一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
    「一般入試」に挑みましょう。
    模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
    あなたを確実に成長させてくれます。

    下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

    メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
    をお届けします!
    ※迷惑メール設定をされている方は
    【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

    関連記事