行政保健師になるには、3つの試練を乗り越えよう。

Author:看護予備校KAZアカデミー

healthnurse4

過去問動画解説・傾向と対策

行政保健師の第一ステップ、看護国家資格を取得しよう

まず、行政保健師になろうと思っても、すぐになれるわけではありません。行政保健師になるまでの最初のステップとして、看護国家資格を取得しなければなりません。

行政保健師になることも大変なことですが、近年、看護国家資格を取得することも大変です。その理由は、高齢化社会とともに、職の安定を求めて看護師になる方が増えているからです。

看護国家資格さえ取得できれば、ほとんどの方が病院で就職することができます。そして、目指す理由の一つとして、給料ががいいこともその理由の一つでしょう。

そのため、日夜、看護師になるために、高校生から社会人そして、主婦の方までが受験勉強に励んでいます。

看護国家資格を取得するには、看護専門学校(3年間)通うか、看護短大(3年間)や看護大学(4年間)で学ぶことにより、看護国家受験資格を取得できます。

看護国家受験資格を取得後そ、看護国家試験を受けて合格すれば看護国家資格を取得できます。行政保健師になるにも、まずは看護国家資格を取得しなければなりません。

  • 看護師になるまでの勉強法について詳しくはこちら »

  • 行政保健師になるための第二ステップ、保健師の国家資格を取得しよう

    行政保健師になる第二ステップは、文字通り保健師の資格を取得しなければなりません。保健師の資格を取得するには、看護受験資格及び看護国家資格を取得した者が、6か月以上保健師になるために必要な学科を学ばなければなりません。

    保健師の学科を学べるところは、看護専門学校や看護大学では、4年生の中に「看護国家受験資格」と「保健師国家受験資格」が同時に取得できるところもあります。

    保健師の資格を取得するにも、看護国家受験資格が必要になりますので、行政保健師になるにも一歩ずつ段階を踏んでいくことになります。

  • 毎年95パーセント以上の合格率の看護予備校 » クリック

  • 行政保健師になるための第三ステップ公務員採用試験に合格しよう

    行政保健師なるための最後の壁が、公務員試験です。全て合わせると3つの試験に合格しなければ行政保健師の道を開くことができません。

    さらに、新卒から行政保健師になりたい場合は、保健師資格の勉強と同時に公務員試験の勉強もしなければならないので、非常に大変です。

    しかし、これから保健師の増加が見られるかもしれませんので、行政保健師になりたい人は今から対策をとっておいた方がいいでしょう。

    行政保健師は助産師資格を取得している方が得。

    行政保健師の仕事内容の中に、高齢者だけではなく、母子健康事業があります。母子健康事業に、直接携わっていくためには、助産師資格を取得している方が優遇されるでしょう。

    多くの人が、看護師ではなく行政保健師になりたい理由の一つに、肉体的な疲労がないということを上げることができます。看護師は、患者様に直接看護をしなければならないので、どうしても肉体的に疲労がたまります。

    しかし、行政保健師であれば、事務的な作業は多いものの、祭日の休みがあるのと、夜勤等がないので、家族との時間も有意義に使うことができます。そして、行政保健師は、公務員になりますので、将来的に見ても安定しています。

    行政保健師になるまでは、非常に大変ですが、行政保健師になることができれば、その先は、無理なく生活を保つことができるでしょう。

  • 助産師になるための最短距離。 » クリック

  • 看護受験生の皆様にお知らせ!!

    11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
    いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
    リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
    一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
    「一般入試」に挑みましょう。
    模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
    あなたを確実に成長させてくれます。

    下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

    メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
    をお届けします!
    ※迷惑メール設定をされている方は
    【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

    関連記事