看護師に向いている人の性格はこれでわかる。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
56 days 12 hrs 13 mins 53 secs

この記事では、どんな性格の人が「看護師として向いているのかどうか。」書いていきます。

下記の1つでも当てはまれば、あなたに看護師としての適性があります。

責任感が強い人は看護師として向いている。

看護師は、医師よりも患者と距離が近く、患者の細かな変化にも気が付かなければなりません。

患者の命を預かる責任のある仕事ということで、責任感が強い人は看護師として向いています。

変化に対応できる人は看護師として向いている。

医療現場は常に一定ではありません。どれだけ変則的なことが起きても平常心で、周りに合わせることができる柔軟な対応ができる人は看護師として向いています。

体力・精神がタフな人は看護師として向いている。

看護師には、夜勤がつきものであり体力が必要となります。また、緊急入院や急変が多い病院では精神的な負担もあるので、心身ともにタフな人は看護師として向いている。

コミュニケーション能力が高い人は看護師として向いている。

看護師には、コミュニケーション力が必須です。昨今は「チーム医療」というものが当たり前となっており、他の医療従事者と話すことも多いです。

患者とのコミュニケーションはもちろんのことながら、他の医療従事者と上手く連携するためにもコミュニケーション能力が求められています。

向上心と生涯の学習意欲がある人は看護師として向いている。

医療は常に進化しています。その中で、看護師は常に学習することを求められていることから、看護師になっても向上心と生涯の学習意欲がある人は看護師として向いている。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事