看護専門学校に落ちる人には共通点がある!?これだけは気をつけよう。

Author:看護予備校KAZアカデミー

近年の看護師不足により、看護師を目指す人がどんどん増加しています。

しかし、過去に何回か受験してるけど、何年間も不合格になってしまう学生もいます。

その理由は何でしょうか?

看護師として重要なことを見落としているかもしれませんよね。

不合格になりやすいパターンとして、

看護師を目指そうとしたきっかけや意志を話せない人

は、大確率で不合格になります。

実際に当看護予備校では、看護師を「目指そうとしたきっかけ」「なりたい意思」は、念入りに練習します。

さらに、集団面接でも、

自分の意志を伝えることができなかったり・緊張のあまり話せない人は、

コミュニケーションが大切な看護師としては、致命的なので、不合格になる確率が大です。

過去問動画解説・傾向と対策

看護学校専門学校で落ちた人の共通点は面接で思わず泣いてしまう人。

いざ看護学校の受験勉強を頑張り、一次試験を突破したのですが、

看護学校の専門学校の面接で、泣いてしまう方もいます。

大人なのに泣くの!?

でも、実際に、看護学校の面接では、

涙腺を刺激される質問

も多々されます。

例えば、過去に辛かったことは何ですか?

この質問って究極ですよね。

看護師を目指す人の理由で多いのが、身近な人の死なんですよね。

私でも、この質問をされると・・・

ですが、面接時は、できる限り我慢して、

看護師になりたい思いを伝えることに、集中することが大切です。

看護師は常に冷静で、的確な判断を求められます。

感情表現は大切ですが、泣いてしまうことで、

その後の面接が進めれなくなると落ちてしまう可能性があります。

看護学校専門学校で落ちた人の共通点は言葉遣いが悪い人。

昔は、「女性はおしとやかで上品であるべき」

なんてことも言われていましたが、

今の時代では、

「何で女性だけ?」

という言葉が返ってくるでしょう。

現在は、男女差別問題もあり、

若い年齢層の男性と女性の間では、言葉の差がなくなってきています。

その延長線上で、ついつい面接の受け答えもしてしまう学生もいます。

例えば、男友達に「お前」食べ物に「うまい。」など

使い慣れてしまっている言葉は、急に変えることができなかったりもします。

しかし、看護師が仕事で、一番接するのは誰なのか?

と考えたときに、「患者様」そして「患者様の家族」ですよね?

そこで、面接時に少しでも乱暴な言葉がでてしまうと、

この子は、看護師には向いてないと判断され、即不合格になります。

あまりにもかしこまった言い方を、日常生活で使うのは無理がありますが、

これから看護学校の受験を目指している人は、

できるだけ、乱雑な言葉遣いは控えることをお勧めします。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事