面接で質問される「どのような看護師になりたいですか」に正解はあるのか。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
56 days 12 hrs 48 mins 16 secs

看護面接では「どのような看護師になりたいですか」と質問されます。

質問の意図は、受験生が患者に対してどのように考えているのか、看護師として適性があるのかを判断するためです。

この回答に対して、受験生は正解を探しがちですが、受験する看護学校によって求められる回答が異なります。

なりたい看護師像と受験校の目的は同じでなければならない。

看護学校はどれも同じように見えて、実は「理念や教育目標」が異なります。

① A看護専門学校の教育目標

グローバルな視野に立つ、看護学の専門知識・技術・態度を修得し、国際化する社会で活躍できる看護師の育成。

② B看護専門学校の教育目標

地域医療センターの地域活動に実習やボランティア活動を通して積極的に参加し、地域に根ざした看護師を育成。

あなたが看護師として国際的に活躍したいのであれば①、地域を中心とした看護を提供したいのであれば②の学校を選択すべきです。

あなたのなりたい看護師像と受験校の教育目標が異なれば、面接ではマイナス評価になる可能性があります。

なりたい看護師像と受験校の目的は同じものを選びましょう。

「どのような看護師になりたいですか」が思いつかないとき。

「どのような看護師になりたいですか」の回答が思いつかないときは、

患者の目線

理想の働き方

この2つに注目してください。

・患者の目線で理想の看護師像を考えてみる。

私が患者であれば、いつも笑顔で優しい雰囲気のある看護師が理想。

→「いつも笑顔で優しい雰囲気の看護師になりたい。」

・理想の働き方から考えてみる

日本の病院で勤務した後、外国に行き国際看護師として働きたい。

→「世界で通用する国際看護師になりたい。」

「どのような看護師になりたいですか」の回答が思いつかないときは、「患者の目線や理想の働き方」を考えると回答が思い浮かびやすくなります。

まとめ

面接で質問される「どのような看護師になりたいですか」に完璧な正解はありませんが、

「あなたのなりたい看護師像と受験校の目的」が異なることだけは絶対に避けましょうね。

後は、面接で「あなたがどのような看護師になりたいのか」を熱意をもって答えることで面接官にその気持ちは伝わります。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事