外国で看護師として働きたい場合も日本の看護師免許でいいのですか?

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
07 days 16 hrs 53 mins 59 secs

海外で活躍する国際看護師になるには

日本で看護国家資格を取得し、海外で活躍する「国際看護師」になりたいと考える人もいますね。

海外で看護師として働くためには、日本の看護国家資格だけではなく、働きたいと考える国の看護師資格が必要となります。

例えば、

アメリカの場合、「NCLEX(アメリカの正看護師資格試験)」を受験してクリアすることができれば看護師になることができます。

イギリスカの場合、「イギリスの看護協会 (The Nursing and Midwifery Council)NMC」に合格することができれば看護師になることができます。

オーストラリアの場合、4年生の看護学校を卒業した上で、日本の国家資格を持っていれば、12〜24週の研修で看護師の資格を取得できます。

この3つの国を比べてみるとオーストラリアで看護師になることが一番簡単ですね。

ただ、どの国で働くとしても英語能力はずば抜けている必要があります。

また上記の条件のクリアが難しいけど国際看護師として働く方法はあります。

それは、青年海外協力隊(JICA)のようなボランティア活動する場合です。

青年海外協力隊(JICA)の募集時に出願し合格すれば国際看護師として働くことができます。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事