たった3つのことを守るだけで看護受験に成功できた方法を公開

Author:看護予備校KAZアカデミー

第2回〆切まで
35 days 04 hrs 48 mins 59 secs

本日は受験生が勉強を継続するために必要な3点を紹介します。

受験勉強を継続するための3点

  • ① ページ数
  • ② 毎日の習慣とセット
  • ③ カレンダー

これは当 看護予備校の学生の皆様には必ずやってもらいます。もしあなたが受験勉強が継続できずに困っているのであればこの3点を守って下さい。

これを守った結果、当 看護予備校の学生のほとんどが看護受験の成功を納めています。

それでは、上記に挙げた看護受験の勉強の継続に必要な3点を詳しく説明します。

① 毎日少量のページ数を決めて達成すること。

毎日少量のページ数を決めて達成することで、「自分が継続できる人間」であることを自覚させることができます。

継続は後に大きな力となります。

例えば、「1日4ページを30日」続ければ、1か月後120ページ達成することができます。

これは簡易な問題集1冊を終わらせることを意味します。

また看護学校合格後も毎日課題がでるので、今から少量を継続して勉強する癖が看護国家資格取得も安易なものとします。

② 毎日の習慣と受験勉強をセット化

すでに「毎日継続している習慣と受験勉強をセット」にすることで無理に「受験勉強のためだけに時間をとる」という意識(ストレス)が低くなります。

例えば、「歯磨きや散歩、お風呂」などの習慣化されている行動の後に勉強をくっつけることでスムーズに受験勉強に取り組むことができます。

③ 目に入るところにカレンダーを設置

常に目に入るところにカレンダーを設置し、「勉強している日には〇」「勉強していない日には×」を埋めます。

目に入れば、自分自身の行動を毎日把握でき、どれだけ自身がさぼっているかを実感できます。

「さぼりを把握すること」で「焦りを実感することができる」ので、机に向かう習慣がつきます。

まとめ

この3点をあなたの生活に導入すれば、受験勉強を継続することができます。

初めから「何時間も受験勉強しなければならない。」と思うだけで人は拒否反応を起こします。

受験勉強をあなたの生活の一部とさせることでストレスを軽減させることができます。

当 看護予備校では、看護受験勉強をスタートする前に継続することの重要性を伝えております。

そして、「継続する」を自分のものにできれば、どれだけ勉強が苦手だったとしても看護受験に合格できます。

是非お試しください。

看護予備校大阪KAZアカデミー(トップページ)

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事