看護予備校の学費が気になる人必見。学費が安いだけ選ぶのはNG。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
08 hrs 15 mins 00 secs

看護師を目指そうと思って看護予備校に通おうと思った時、一番初めに考えるのが「予備校の学費」の問題です。

できれば安い方がいいな・・・

そう思いがちですが、それだけで考えてしまうのはNGです。

まず初めに看護学校の受験に合格するためには

Point1:勉強
Point2:志望動機
Point3:面接

この3点が絶対に必要であることを覚えておきましょう。これらの1つでも欠けてしまうとたちまち不合格になります。

それではここからは「なぜ学費が安いだけで選ぶのはNGなのか!?」を実例をいれながらお伝えしていきます。

そして、最後にどのような予備校を選べば合格できるのかをお伝えします。

看護学校に合格するためにはいくらの学費を準備すればいいのか。

予備校により学費がまちまちなのは皆さんもご存じかと思います。

集団授業と個別授業とでも受講料は異なりますが、

個別授業で英語・数学・国語の3教科を週1回受講して33,000円

ぐらい準備すれば大丈夫でしょう。

この費用は中学生が塾に通うのと同じぐらいの費用です。

もしあなたが大阪市に住む「ひとり親家庭」であれば大阪市からの補助を受けることも出来ます。

看護予備校だから利用できる「ひとり親家庭専門学校等受験対策給付金」について

この補助を使えば、「合格すれば予備校費用が実質無料」で通うこともできるので看護予備校の学費を安く抑えることができます。

一方でこれを対応していない予備校もあるので注意しましょう。

学費が安い看護予備校と高い予備校の違いはなんなのか

一概に「安い」「高い」だけで判断するのはNGです。

大切なのは

CHECK:1.十分な看護受験情報があるのか!?

最近できた看護予備校では情報不足なので危険。

CHECK:2.合格率がどれぐらいなのか

合格者の数と合格率は違うので注意が必要

CHECK:3.合格者の年齢

あなたの年齢と同じ年齢の学生が合格していなければ対応が難しい

CHECK:4.あなたの志望動機を十分に添削してくれるのか。

志望動機の添削が不十分であれば不合格になります。

CHECK:5.個別面接をしてくれるかどうか。

面接対策は1対1でしてもらわなければ癖を見抜くことができません。

例えば、看護予備校の大阪KAZアカデミーでは一人の学生の志望動機の添削に約6時間ぐらいの時間を費やします。

入試前には面接対策も個別で何度も行い、一人ずつの癖を見抜き話し方から面接のプロから直接指導を受けることが出来ます。

圧倒的な口コミですね。

大阪にあるKAZアカデミーでは「看護受験を極めるコース」というものがあり、このコースには看護受験に必要なものが含まれ、

尚且つ「関西で合格率が一番良く・学費が安い看護予備校」となっています。

なので「安い」「高い」ではなく実際、受験生に対してどれぐらいのフォローがあるのかが看護予備校の選択時には必要です。

個別指導で学費が安い看護予備校ってあるの!?

個別指導で学費が安い看護予備校はあります。

個別指導 = 高い

そんなイメージを持たれる学生も少なくありません。実際に、その価格はピンからキリまでです。

冒頭にもお伝えいたしましたが、

Point1:勉強
Point2:志望動機
Point3:面接

この3点において、質が高ければ学費が安くても看護学校の受験に合格することができます。

学費が高いから全てをやってくれてるわけでもなく、安いからやってくれないわけでもありません。

受験生の見極めが必要です。

ここで注意が必要なのは、ホームページでは志望動機対策・面接対策とうたっているにもかかわらず

・勉強は映像授業で終了。直接指導はほとんど無し。
・志望動機は誤字脱字チェックのみ。
・面接は映像やグループ面接で終了。

なんて予備校もあります。

もし、あなたが看護受験に向けて個別面接に申し込んだのであればこの点は必ず聞く必要があります。

そして、同時に過去の学生に対してどのようにしてくれていたのかも聞いておくと安心があります。

学費が安くても専任教師がいる質の高い予備校があるのか。

専任の先生がいる予備校と言えば、やはり「KAZアカデミー」でしょう。専任の先生がいることでいつもあなたの進度を確認してくれます。

さらに、KAZアカデミーは大阪で学費が安いだけではなく、「塾」や「学校」からも支持される全国統一看護模試があります。

受験は孤独との戦いなので、

背中を押してほしい時・悩みを聞いてほしい時

そんな場面がいつもやってきます。そんな時に専任の先生が傍にいてくれると安心ですね。

予備校の中には「先生が毎回違う」なんて話も聞きますが、受験生にとってそれは不安です。

安心した看護受験を乗り越える学習環境には、専任の先生は必須ですね。

まとめ

学費だけではなく中身が何よりも大切なことがわかりましたね。

看護受験は特殊で、「勉強」「志望動機対策」「面接対策」の高い指導力がない予備校であれば受験生が看護受験に合格するのが難しくなります。

なぜKAZアカデミーが大阪でNo.1実績を誇りトップクラスの看護専門学校・看護大学への合格者を続出しているのかが納得することができます。

看護受験にはたくさんの悩みが出てきます。

まずはその悩みなくすために下記よりお問い合わせください。1年後にはあなたは看護学校の受験に合格しているでしょう。

看護予備校KAZアカデミーの紹介ページの画像

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事