看護受験生のための看護面接の手ほどき【ノック編】

Author:看護予備校KAZアカデミー

看護入試が近づいてくると看護受験生は「面接はどうすればいいの?」と悩み始めます。

そこで、看護予備校大阪KAZアカデミーが看護予備校だからわかる「看護受験が面接で一度は悩む項目」について説明していきます。

それでは本日は、看護面接における「ノック編」です。

看護受験面接におけるノックの回数

さっそく答えを言うと正解は

3回です。

ノックが2回と思った学生は間違いです。

一般的に2回は便所ノックと言われており、3回が推奨されています。

看護受験面接におけるノックの強さはどれくらい?

ノックは強すぎても弱すぎてもイメージがよくありません。

丁寧に「トン、トン、トン」と面接官に聞こえるぐらいの強さで叩いてあげましょう。

ノックの予備知識

実は、国際標準のマナーによる、ビジネスシーンではドアをノックする回数は4回なんです。

なので、社会人になり初めて訪れた場所や礼儀を重んじる必要がある場合には4回ノックする必要があります。

まとめ

看護受験の面接のノックの回数は「3回」です。周りの受験生が間違っている場合もあるのでつられないようにしましょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事