看護受験によくでる慣用句!!慣用句を論破。- 1.DAY

Author:看護予備校KAZアカデミー

第2回〆切まで
33 days 17 hrs 08 mins 53 secs

まだまだCOVID-19(新型コロナウイルス)で自粛が続く中、

看護学校の受験をひかえている学生にとっては不安な日々が続いていると思います。

そこで、今日からは看護受験生に役に立つ

「看護受験に必須の慣用句」をテスト形式で出題していきます。

看護受験には多くの学校で慣用句が出題されます。

是非この機会に、慣用句を論破しましょう。

暗記だけで点数のとれるものは

看護受験で落とさないようにしましょう。

看護受験によく出る慣用句vol.1

意 味: 相手の話や意見に調子を合わせてうなずくこと

意 味: あきれていや気がさすこと

意 味: あきれてものが言えないこと

意 味: 他人の言い方のあやまりをとらえ、皮肉った言い方をすること

意 味: 味が良くおいしいこと

意 味: おかしくて大笑いすること

意 味: いばった態度で、人を使うこと

意 味: 浮ついておらず、落ち着いていて、着実なこと

意 味: 予算以上に費用がかかること

意 味: 物事が差しせまった状態にあること

意 味: 相手の弱みにつけ込むこと

意 味: 相手が自分よりも数段すぐれていること

意 味: 相手の弱みを見すかすこと

意 味: 悪い仕事や行動をやめること

意 味: 他人の成功をじゃますること。集団の進行のさまたげになること。

意 味: 歩き回りすぎて、くたびれること

意 味: 一生懸命(いっしょうめんけい)に働くこと

意 味: 相手の権力に対してさからえず、対等にふるまえないこと

意 味: ものの考え方が古く保守的(ほしゅてき)であること

意 味: あやまること、相手のことに感心すること

意 味: 悪いことをしたとは思わないが、何となく気分が悪いこと、さっぱりしないこと

意 味: ある物事が終わっても、それに関係なくその物事が続き、なかなか終わらないこと

意 味: とても恥ずかしいこと

意 味: じっといつまでも見つめること

意 味: 仕事が調子にのって、進んでいくこと

意 味: 仕事をなまけること

意 味: きびしく責めること

意 味: 監視(かんし)の中を気づかれずに行動すること

意 味: たいへん監視(かんし)や警戒(けいかい)がきびしいこと

意 味: たいへん申し訳ないこと。はずかしくて相手の顔をまともに見れないこと。

意 味: あわてふためくこと、パニックになること

意 味: 急にしなければならないことを相手に知らせて、相手をあわてさせること

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事