高校生が助産師を目指し、看護学校の受験合格の苦労。

Author:看護予備校KAZアカデミー

highschool-josanshi6

過去問動画解説・傾向と対策

高校生が助産師を目指し、看護学校の受験までに苦労すること

高校生が助産師になるために看護学校の受験で苦労する勉強

まず初めに、助産師を目指し、看護学校の受験をしますが、どうしても、受験勉強の途中で、「勉強に関して不安」を持つと思います。「今、行っている勉強方法で本当にいいのか?」と思ったり「このままで看護学校に合格できるのか?」など、色々な考えてしまいます。

受験勉強は、合格するまでは、常に、不安と隣り合わせですよね。それは、あなたが見えない、他の受験生と競争をしているからですよね。しかし、あせり過ぎても何も解決はしません。

とにかく、何冊も問題をこなし、ミスをなくすようにしなければなりません。看護学校の受験には、時折、非常に難しい問題も出題されますが、一部の受験生を除き、ほとんどの学生がその難問を間違えるでしょう。

決して、難問を解くことが、受験に成功することにはつながりません。受験で大切なことは、自分自身ができると思った問題を確実に正解することです。

受験でミスをすると命取りになります。とにかく出来る問題は確実に正解させること。

これが、看護学校の受験で、確実に点数をとることにつながります。受験に落ちることばかり考えてしまうと、面接で「あなたの暗い一面」がでてしまい、せっかく「一次試験が合格」しても「二次試験で不合格」になりかねません。

とにかく前向きに、受験の日まで、一生懸命勉強を繰り返して下さい。基礎からきっちりと勉強していけば看護学校の受験に合格できます。

また、助産師を目指し、看護学校の受験を考えているのであれば、看護学校を目指す受験生を、専門に扱っている「看護予備校」がありますので、看護予備校に通うことで、安心して看護学校の受験準備を行うことができます。

高校生が助産師を目指し、看護学校の受験までのモチベーション維持の難しさ

高校生の皆さんが助産師を目指し、看護学校に合格するために、これから受験勉強をしていきますが、どうしても途中でモチベーションの下がる時期も来るでしょう。

これは、「勉強の完成度の不安」「合格できるのかと思う不安」から押し寄せてきます。もちろん看護学校に合格することは、簡単なことではありません。

きっちりと、「英語・国語・数学・志望動機書作成・面接対策」これらの項目を、ある程度完璧に出来る必要があります。もし仮に、現在、「理系」ではなく「文系」に進んでいる方であれば、数学が不安になるかもしれません。

数学の筆記テストの範囲は「数Ⅰと数A」がほとんどです。

いくら、国語と英語が得意でも、数学であまりにも悪い点数だと不合格になる確率が上がってしまいます。なので、数学には出来るだけ力を入れましょう。

また、モチベーションが下がった時期に、一番効果的なのは、「看護学校オープンキャンパスやセミナー」に参加するのが、モチベーションの向上になります。

看護学校の受験で、モチベーションが下がったら、気分転換に看護学校に訪れてみて下さい。

高校生が助産師を目指し、看護学校の受験に落ちたときのメンタル維持の苦労

近年、看護師になろうと思っている方が、助産師を目指そうと思っている高校生だけではなく、年々増えています。看護学校の魅力は、何と言っても、学校に入学できれば、就職がほぼ決定してるのと同じぐらいです。

高校生ではなく、社会人の方にとって、再就職することは簡単なことではないのです。なので、看護国家資格を取得し、将来の「職の安定と給料の安定」を手に入れるために、看護学校へ合格するために受験勉強に励んでいます。

このように、多くの学生が受験することにより、看護学校に合格することが非常に難しくなっています。

看護学校の受験は、筆記テストだけで合格できるわけではありませんので、二次試験の面接は高校生にとっては不利な要素もあります。

看護学校の面接は、あなたが目指す「助産師及び看護師像」をきっちりと話せなければなりません。その中でも、看護学校の求めている看護師像と異なれば、不合格になってしまいます。

じゃあ、どうすればいいの?と思われるかもしれませんが、看護学校の受験は、何度も何度もチャレンジするしかありません。もちろん一発で合格できれば最高ですが、それほど甘くありません。

看護学校の受験は、就職活動と同じだと思って下さい。いくら、有名大学を卒業しているからと言って、即、入社が決まるわけではありませんよね?

しかし、何度もチャンレジすることにより、あなたの熱意も伝わりますし、相手側も寄り添ってくれるでしょう。看護学校の受験は、もし落ちたとしても、うまくメンタルを切り替えて、次の看護学校の受験をすることをお勧めします。

何度も受験に挑戦する方が、看護学校の合格を手に入れることができるでしょう。

高校生が助産師を目指し、看護学校に合格しなければならない義務感

助産師を目指し看護学校の受験勉強をしていると、徐々に、合格しなければならない義務感が出てしまいます。通常の大学受験でも同じことが言えますが、この義務感が、あなたの「受験勉強の効率と精神」をむしばんでいきます。

何度も何度も同じことの繰り返しになりますが、看護学校の受験は、筆記テストだけで合格できるものではありません。二次試験の面接試験が非常に重要です。

二次試験の面接で合格できる人は、とにかく真面目で・元気で・明るい方です。

助産師を目指し、看護学校の受験勉強をしている時に、義務感から、活力のない人になってしまえば、看護学校の受験面接で、面接官にいいイメージを与えることはできません。

筆記勉強も大切ですが、落ちても何度もチャレンジするんだという、前向きな気持ちを持ちながら、看護学校の受験勉強に励んでください。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事