看護面接でメガネとコンタクトでは、どちらが合格しやすいのか。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
119 days 21 hrs 41 mins 23 secs

当看護予備校でも、毎年受験生から、「看護面接ではメガネとコンタクトはどっちが良いと思いますか。」と質問されます。

早速答えを言うと、

第三者から見てイメージの良い方を選びましょう。

理由は簡単で、面接官もあなたと初対面になるので、第三者からのイメージが重要となります。

とはいっても、『メガネのメリット・デメリット』そして『コンタクトにもメリット・デメリット』があるので詳しく見ておきましょう。

看護受験の面接でメガネを選ぶメリットとデメリット

メガネのメリットは、「知的に見える」ことです。

これには時代背景があり、明治維新から書物読んでいる人にでメガネをかけている人が多いからです。

そして、メガネのデメリットは、顔の一部が覆われるため、暗い印象を与えることがあります。

看護受験において、暗い印象を与えるのはNGなので選択が難しいですね。

当看護予備校では、一人一人のイメージを見た上で判断しています。

看護受験の面接でコンタクトを選ぶメリットとデメリット

コンタクトのメリットは、顔の表情を全体を面接官に見せることができます。

「ニコッ」と笑顔を見せることができればさらに好印象です。

また、コンタクトのデメリットは、冬の乾燥する時期に受験があるので、ドライアイになる可能性があります。

面接中に目がショボショボすれば、面接どころではありません。

従って、面接前には必ずドライアイにならないように工夫をしておきましょう。

まとめ

メガネとコンタクトどちらでも問題はないのですが、イメージが暗くなるぐらいなら、

明るいイメージを印象付けられるコンタクトの方が良いかもしれません。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事