看護受験に最低これだけは覚えておきたい文学史。≪9日目-大正・昭和(1)≫

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
07 days 16 hrs 13 mins 03 secs

本日も看護予備校 大阪KAZアカデミーが看護受験の情報と役に立つプチ問題を出題します。

入試が近づくと学校選びにも一苦労します。

看護受験生は特に

看護専門学校
看護大学

どちらを受験するべきなのか悩みます。

そこで、「看護専門学校」と「看護大学」への受験生の割合は下記のようになっています。

高校生が受験生する場合 ➡ 「看護専門学校」と「看護大学」だいたい5:5ぐらいの割合です。

社会人が受験する場合 ➡ 大半が「看護専門学校」を受験します。

そして、最初に気になるのが学費です。

「看護専門学校」と「看護大学」では学費に大きな違いがあり、

看護専門学校:約70万×3年 = 約210万

看護大学:約200万×4年 = 約800万

となっております。ぜひ参考にしてください。

それでは本日も文学史を勉強しましょう。

また、全国統一看護模試も近づいてきたの是非チェックしてくださいね。

看護受験必須 文学史 【大正・昭和(1)】

答:斉藤茂吉

答:高村光太郎

答:萩原朔太郎

答:宮沢賢治

答:芥川竜之介

答:小林多喜二

答:志賀直哉

答:武者小路実篤

答:志賀直哉

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事