看護受験に最低これだけは覚えておきたい文学史。≪8日目-明治時代(2)≫

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
76 days 17 hrs 14 mins 45 secs

本日は、学生からの看護受験に関して質問がありました。

社会人入試の面接で高校時代の事を聞かれるのかどうかです。

この学生が一番ネックに思っていたのは

「学生時代の欠席数の量」

でした。

看護師は人の命と預かる仕事であることから「責任感」のある学生を必要とします。

「学生時代の欠席数の量」が極端に多い場合にはそれなりの理由を考える必要があります。

そこで、社会人の皆様に朗報です。

社会人入試を受験する人にとって1つのボーダーラインがあります。

それは、23歳と24歳の分かれ道です。

その理由は「卒後5年以内はであれば成績証明書が必要」それ以外は成績証明書が必要なくなる学校が多いです。

なので、余りにも欠席数が多い学生は、一年間予備校に通い十分な学習能力を身につけ24歳で受験するのも1つの方法です。

それでは本日も文学史をしっかりと勉強していきましょう。

看護受験必須 文学史 【明治時代(2)】

答:近松門左衛門,曽根崎心中

答:十返舎一九

答:滝沢馬琴

答:本居宣長

答:国学

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事