看護受験に最低これだけは覚えておきたい文学史。≪7日目-明治時代(1)≫

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
60 days 01 hrs 21 mins 41 secs

いよいよ、夏本番となってきました。

またしても受験生の邪魔をするかのうようにコロナウィルス感染者が増加し、梅雨前線による災害など気分よく過ごせるものではありません。

しかし、どんなことがあろうとも入試の日程が延びるわけでもないので日々勉強するしか方法はありません。

あなた自身、どのような計画をもって受験勉強に挑んでいますか?

計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。(吉田松陰)

の格言は受験生が合格するためには必要な言葉です。

もし、あなたが何となくで受験勉強を進めているのであれば、今すぐ「いついつまでに〇〇を終わらせる」と計画を立てて下さい。

そうすることで学習が進展し、学力が向上します。

それでは今日は「看護受験必須の文学史」を勉強しましょう。

看護受験必須 文学史 【明治時代(1)】

答:福沢諭吉

答:坪内逍遙

答:二葉亭四迷

答:幸田露伴

答:樋口一葉

答:尾崎紅葉

答:島崎藤村

答:島崎藤村

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事