看護面接で頭が真っ白になった時に【たった一度使える秘技】とは

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 10 hrs 10 mins 41 secs

いくら面接練習をしてても、極度の緊張により頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

そんな究極に困ったときに、たった一度だけ使える秘技

を紹介します。

その秘技とは・・・

「大変申し訳ございません。緊張で頭が真っ白になってしまいました。」

または、

「少し考える時間を頂いてもよろしいでしょうか?」

と、今の気持ちを素直に伝えましょう。

「え?それだけ??」と思うかもしれませんが、

面接官に今の気持ちを素直に話すことでリラックスできますし、

面接官の印象が悪くなるわけではありません。

ただし、この技は1回の面接で1度だけしか使えません。

2度も3度も言われると面接官の印象は悪い方に動いていきます。

ですので、この方法は「究極追い込まれた時」だけに使うことです。

秘技を使いきってしまった後はどうすべきか

視線を外して少し目を動かして下さい。

面接官の目をじっと見ていると焦りが増し、より緊張してしまいます。。

少し視線を外すだけで、小さな現実逃避ができます。

更にこっそり大きく息を吸い込んでゆっくり吐きましょう。

そうすると、頭の中が一度リセットされ緊張がほぐれます。

まとめ

「看護面接で頭が真っ白になった時の対処法」は究極に追い込まれた場合だけに使うことです。

黙ったまま考えることに時間を費やしたり、面接官を待たせることは、あなたにとってマイナスとなります。

何度も、鏡の前で練習し本番に臨めるよう取りくみましょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事