看護 予備校の講師が図解で基礎数学を簡単に説明。|余りによる分類の仕組み【基礎講座34】|

Author:看護予備校KAZアカデミー

余りによる分類を利用した問題

この問題のではXとYの両方がわからないので、利用できるものは「余り」だと気づくのがポイントです。

余りによる分類を利用した問題の説明

ついつい、文字が2つあると連立方程式じゃないと解けないのでは?と思ってしまいがちですが、

余りを上手く分類することで求めることができます。

今日の宿題

次回の解説までじっくりと考えてみてください。

また、内部生でweb授業申し込みがまだの方は下記より確認してください。

もくじ

この問題は「准看護学校・正看護学校」の数学を解く上での基本的な知識が集約されています。
※全て問題形式になっています。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事