入学願書をミスしたときに、訂正印は有りか無しか。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 10 hrs 28 mins 07 secs

看護受験直前、「あっ」入学願書を書くのを失敗してしまった・・・

そんな学生も少なくないです。

そこで、入学願書をミスしたときに、訂正印は有りか無しか。

答えは、無しです。

そもそも、周りの受験生がミスしていない中で、自らミスが多い人物だと主張するようなものです。

だからこそ、訂正印を押さなくていいように準備するべきなのです。

訂正印を押さなくてもよい準備をすること。

かつては、入学願書を「複数枚くれる看護学校」もたくさんありましたが、

10枚も20枚ももらうという非常識な受験生によって、一人1枚とする学校も増えてきました。

だからこそ、入学願書をコピーして練習すべきなのです。

何度も練習し、読み直し、それから清書をしてください。

そうすることで、訂正印を押さなくてもよいはずです。

消える程度の下書きをしてから清書をしよう。

入学願書を書く際に、いきなり清書する学生もいますが絶対にNGです。

下書きの跡が残っている願書は駄目ですが、書き終えた後に軽く消しゴムで消える程度の下書きをしてから、清書するようにしてください。

そうすることで訂正印を押さなくてよいわけです。

入学願書は失敗しても、もう一度取りに行ける時期に書くこと。

とはいっても、入学願書を書くのを失敗してしまう学生もいるでしょう。

だからこそ、もう一度入学願書を取りに行けるぐらい余裕をもって書き上げるようにして下さい。

まとめ

入学願書をミスしたときに、訂正印は有りか無しか。

では、やはり「無し」です。

だからこそ、訂正印を押さなくてもいいように余裕をもって書くように心がけてください。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事