友人に深刻な相談をされたことがあるか。|看護受験面接ワンポイントアドバイス32

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
169 days 01 hrs 20 mins 32 secs

「友人に深刻な相談をされたことがあるか。」という質問は、受験生の看護師の適性を判断するのに非常に便利な質問です。

なぜなら、深刻な相談をされたことがある人は少なくとも、相談者から信頼を得ているからです。

看護師にとって、患者からの信頼を勝ち取るということは大切なことなのです。

友人に深刻な相談をされたことがあるか。の質問の意図

質問内容友人に深刻な相談をされたことがあるか。

質問の意図受験生の人間性と対応力の確認

「友人に深刻な相談をされたことがある」と質問された時の回答例

この質問は守秘義務もある内容なので「はい、あります。」だけでも問題はありません。

その後、面接官から

どのような内容ですか?話せる範囲でお願いします。

と質問されたら、引き続き答えていきましょう。

友人からの深刻な相談の回答例

友人から両親が離婚するという相談をされました。

私が友人にできることは、「いつでも話を聞いてあげられる環境を作ること」「私から話しかけてあげること」だと思いました。

それ以外にも気が付いたことはどんどんサポートしてあげたいと考えています。

受験生の人間性と対応力の高さが出ている回答です。

相手を思いやる気持ちを文章にすれば、自然とこのような文章が出来上がります。

「友人に深刻な相談をされた経験がない」人の対処法

中には、「深刻な相談」と無縁な方もいるでしょう。

その場合は、

「私は今までに深刻な相談をされたことはありませんが、今後深刻な相談をされた場合、相談者にしっかり耳を傾け、自分ができることは十分にやってあげたいと考えています。」

と答えれば、この受験生の人間性を悪いとは感じません。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事