友人と話す時に気をつけていること。|看護受験面接ワンポイントアドバイス16

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
169 days 01 hrs 18 mins 20 secs

この質問の意図は、普段から「相手に気遣いができている学生」「そうでない学生」か面接官は見極めています。

多くの友人は、失礼なことを言ったとしても受け入れてくれるかもしれませんが、

その甘えから友人同士でトラブルになることも少なくありません。

友人と話す時に気をつけておくべきポイント

・相手の話を最後まで聞かずに否定をしない。
・話を聞いてもらったり、アドバイスをもらったら「ありがとう」という。
・他人の悪口を言わない。
・謙虚さを忘れないように心掛ける。
・知ったかぶりをしない。

など

まとめ

友人だからこそ、本当の自分を見せることができるのもわかりますが、

何でも口にしてしまいトラブルを起こした経験がある人もいるでしょう。

しかし、友人に対して上記のような気遣いができているなら、親しくない人にはもっと気遣いをしている可能性が高いので、

看護学校入学後も学生同士がトラブルを起こす確率は極めて低いのです。

チームワークを必要とする看護師には、互いを思いやる気持ちが必要とされるので、面接官は受験生の本来の姿を確認しています。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事