受験生の手元は面接官にとって最高の判断材料となる。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 12 hrs 03 mins 21 secs

「手元」って何だ?

このお題を見て感じた学生も多いのではないでしょうか。

実は、「爪・指先・手のひら」をからあなたのことを判断できるのです。

例えば、

内臓疾患
神経質
アレルギー

あまりにも重度であれば、看護学校の「入学後の勉強に支障がでる。」のではと思われます。

従って、少しでもひどくならないようにケアすることが大事です。

爪の形に凹凸がある人は普段の生活から見直すべき

ついつい無理してしまうのが受験生。

その結果、精神的に追い込まれたり、栄養不足に・睡眠不足などで時には体に支障が出る場合もあります。

もし爪がもともと正常だったけど、下記のように変化があらわれた場合には、病院に行くことも必要です。

爪が白っぽく濁りだした → 肝硬変や慢性腎障害の疑い。

爪が極端に丸く膨らみだした → 心臓や肺の病気の疑い。

爪がぺったんこor中央が凹んだ → 貧血や甲状腺の病気の疑い。

このように爪は事前に病気を教えてくれるのです。

爪を噛む学生は繊細で傷つきやすい人と判断できる

子供頃から爪を嚙む癖が治らない人も少なくありません。

爪を噛む癖は自傷行為の1つとも言われており、自分のキャパを超えた時、ストレスを解消するために噛みます。

繊細で傷つきやすい人に見られるパターンなので、「あなたが看護師として働くのが難しいのでは」と判断されかねません。

従って、爪を噛む癖が残っている人はできるだけ爪を噛まずきれいにしておくべきです。

手荒れがひどい場合は、ケアが必要用。

看護師は患者の身体に触れる仕事が多くあります。

中には、薬剤で手が荒れたり、アレルギーが手に出たりする場合もあるでしょう。

勉強はもちろん大切ですが、衛生面を一番気にしなければならないのも看護師の仕事です。

従って、あまりにも手の表面や内側に疾患がある場合は、受験勉強と治療を並行で行う必要があります。

まとめ

受験生が意外と見落としてしまうのが「手元」です。

手が汚いと、清潔感が欠けます。

これから寒くなる時期は特に乾燥で症状がでやすくなります。

できるだけきれいに保てるようにしておくべきです。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事