看護受験に成功した学生の面接回答例を5つ厳選(ver.1)

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
07 hrs 57 mins 40 secs

看護受験において面接は受験生にとって恐怖です。

しかし、看護面接では受験生の半数が不合格になってしまいます。

面接では「人間性=看護師に適している人材」なのかをチェックされています。

もちろん、他の学生の回答例をコピペすることはNGですが参考になるものがあれば助かりますね。

そこで、看護予備校のKAZアカデミーが受験生の面接回答をまとめてみました。

参考にして下さい。

1.あなたはなぜ看護師になりたいのですか?

この面接質問は多くの受験生が質問される内容です。

看護師の仕事の理解とあなたが看護師になりたいと思ったきっかけをしっかりと伝えてあげると良いでしょう。

面接回答例1

私が看護師になりたいと思った理由は、3年前に私の目の前で交通事故が起きたからです。
倒れて苦しむ被害者を見て私は声をかけることしかできませんでした。
もし、私に救急の知識があれば救急車が来るまでに適切な処置ができたのではないかと感じました。
今後このような状態が起きた時に私は後悔したくない思いから看護師を目指しました。

この回答には看護師を目指す理由がしっかりと入っていますね。

面接官はなぜあなたが『看護師になる必要があるのか』を見ています。

看護受験面接回答【アドバイス1】

看護師になろうとしたきっかけを含もう。

2.看護師とは、どうあるべきだと考えますか?

まだ看護師になっていない皆様にとって非常に答えにくい質問ですね。

どちらかと言えば、あなたがこれから「どのような看護師になりたいのか」理想像を話すとよいでしょう。

面接回答例2

私にとって看護師は、不安を抱えている患者様を安心させてあげることです。
看護師は豊富な知識を持ち、患者様やご家族に納得してもらった上で治療に専念できるように、誘導できる技術が必要だと考えます。

上記の回答例ではこれから看護師を目指す上で継続した知識を学ぶ姿勢や、患者様に対する信念を感じることができます。

看護受験面接回答【アドバイス2】

自分が看護師になれば何ができるのかも伝えよう。

3.看護師の仕事の良い部分と悪い部分を答えて下さい。

看護面接は不思議なもので、まだ働いていないのに働いた後のことを質問されます。

この質問もまた受験生の回答を困らせます。

この質問が意図することは看護師の良い部分だけではなく、悪い部分も含めて看護師になる意思があるかどうかです。

近年、医療ドラマが頻繁に放映され、良い部分しか見ずに看護師を目指す人が多くなっています。

そうなると実習が辛ければ途中で辞める学生も増えてきます。それを未然に防ぐためにこれらの質問を重ねていきます。

面接回答例3

私が考える看護師の良いところは、患者様やご家族から感謝の言葉を頂けることです。
また看護国家資格があれば他の業種でも必要とされているところです。
しかし、悪い部分は肉体的にも精神的にもつらいところがあると聞きますが、
全ては患者様のためになれる努力していきたいと考えます。

この回答の良いところは素直な部分ですね。看護師の面接だけではなく素直な回答は好まれる傾向があります。

しかし素直すぎるのも時にはマイナスな回答となるのでちょうど間をとった方が良いでしょう。

看護受験面接回答【アドバイス3】

悪い部分の乗り越え方を含んであげよう。

4.この看護学校を選んだ理由を教えて下さい。

看護学校を選ぶにもいくつか理由があるでしょう。

合格しやすそう
家から近い
学費が安いから

これだとちょっと回答になっていませんね。

看護学校を受験する時には何故その看護学校である必要があったのかを説明する必要があります。

面接回答例4

私が御校を志望した理由は、精神を患っている患者様に対して十分な知識と技術を学べると考えたからです。
K看護学校は約60年の歴史があり、私が看護師を目指す上で最高の環境だと考えました。また卒業後の進路も幅広く用意されていることから安心して勉学に励むことができると考えました。

学校で学べる内容については触れていませんが、勉強を頑張っていきたい意思は伝わりますね。

このように、自分の利便性ではなくなぜその看護学校で学ぶ必要があるのかを回答する必要があります。

看護受験面接回答【アドバイス4】

利便性ではなく看護学校の良い部分をピックアップしよう。

5.実習は厳しいですが乗り越える自信はありますか?

看護学校の実習は看護師になるためには必ず乗り越えなければならない部分です。

実習は厳しく途中で挫折してしまう人いますが、実習中いきなり穴をあけられることほど困ることはありません。

面接回答例5

私は学生時代から一度やると決めたことは最後までやり通す自信があります。
中学時代に始めたダンスは今も継続しています。
そして継続したことで、精神的にも肉体的にも強くなりました。

良い回答ですね。精神の部分だけではなく肉体的にも丈夫な部分をアピールしています。

面接では「弱々しい部分」を見せることはNGです。

あくまでも看護受験は就活であることから相手に安心感を与えなければなりません。

看護受験面接回答【アドバイス5】

看護学校に安心感を与えれる内容を考えよう。

6.まとめ

看護受験の面接はとにかく合否に直結してくるものです。コピペは絶対にNGですが、上記の回答のように相手に安心感を与えることができる回答を準備しておきましょう。

とはいっても、不安要素はたくさんあると思います。もしあなたが看学校の受験で不安を感じたのであれば看護予備校のKAZアカデミーに御来校ください。

あなたの看護受験の不安が全て吹き飛びます。看護予備校KAZアカデミーのカリキュラムを終了させれば100%合格することができます。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事