看護受験の面接で転職が多い社会人に聞かれる3つの質問と対策

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
76 days 16 hrs 42 mins 58 secs

看護学校の受験を目指す方にはさまざまな経歴を持っている方がいます。

そして、その経歴がプラスにもマイナスにも働くのが看護受験です。

それでは、今回は転職が多い社会人に聞かれる質問とその対策について話していきます。

転職が多い社会人に聞かれる質問

  • ① 転職回数が多い理由を答えて下さい。
  • ② 苦手な仕事を任せられたときどうしますか。
  • ③ 今まで達成したことを教えて下さい。

このように、転職のきっかけとなるような質問をされます。

それではそれぞれ「転職が多い社会人に聞かれる質問」の対策を見てみましょう。

転職が多い社会人は転職回数をプラスに変えよう。

質問① 転職回数が多い理由を答えて下さい。

対策:事実は認めて今後の自分をアピールしよう

看護学校の面接官は転職の回数が多い受験生に対して、「この学生は入学しても3年間通い続けれのかな?」という先入観を持っています。

そこで大切なことは転職の多いことは認めた上で「私は数年間、色々な仕事に携わってきました。そして〇〇という経験から看護師を目指しました。」のように

表情を変えずに、冷静に自分の考え方を述べましょう。もしこの質問をされた時に、あなたが険しい表情になれば、面接官は「なるほど・・・」と不合格の方向に進んでしまいます。

転職が多い社会人は苦手な仕事も苦なくできることをアピール

質問② 苦手な仕事を任せられたときどうしますか。

転職多い = 苦手な仕事は避ける、飽き性

実際はそうでなくても、初対面の面接官からはこのようなイメージがあります。

対策:転職をした理由をしっかりと考えておくことが重要です。

「私は〇〇歳までに〇〇の経験をしたいと思いました。そして、〇〇を経験したことで〇〇を学ぶことができました。」等

転職をした理由を話すことができれば、面接官が最初にもったイメージは全て払しょくすることができます。

シンプルに「やる気」と「熱意」は看護学校の面接官に伝わるのでアピールしたいところです。

転職が多い社会人は過去に達成した事例を聞かれる。

質問③ 今まで達成したことを教えて下さい。

この質問に含まれている意図は「あなたの達成」や「自慢話」ではありません。

重要なのは、あなたが自ら立てた目標に対して、

成功するまでの過程で

・どう向き合ったのか。
・どのように努力したのか。
・どんな工夫をしたのか。

この部分を答えることが重要です。

対策:その努力や工夫が現在も習慣づいていることをアピールしましょう。

まとめ

転職の多い学生が、看護受験を目指すとき「自分の過去をネック」に思う学生も多いです。

しかし、転職をしていない社会人には味わうことができなかった経験を持っています。

その経験とあなたの成長を面接ではアピールしましょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事