今更聞けない基礎英語 | 過去分詞の形容詞的用法

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
53 days 05 hrs 06 mins 52 secs

分詞とは

『現在分詞(~している)や過去分詞(~される)』を単体で使うことで、動詞が形容詞の役割に 変化します。

また、前置修飾と後置修飾の2種類あるので使い分けが必要です。

過去分詞(前置修飾)の例文

■ 割れた花瓶があります。

→ There is a broken vase.

※『vase』で英文が終了する場合、前置修飾にする。

過去分詞(後置修飾)の例文

■ テーブルの下に割れた花瓶があります。

→ There is a vase broken under the table.

※『vase』以下も英文が続く場合、後置修飾にする。

過去分詞(前置修飾)が主語にあるパターン

→ A broken vase is dangerous.

※主語で一旦区切ります。後は、『vase』で英文が終了する場合、前置修飾にする。

過去分詞(後置修飾)が主語にあるパターン

■ テーブルの下の割れた花瓶は危険です。

→ A vase broken under the table is dangerous.

※ 主語で一旦区切ります。後は、『vase』以下に英文が続く場合、後置修飾にする。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事