今更聞けない基礎英語 | 形容詞・副詞/something・anythingと形容詞

Author:看護予備校KAZアカデミー

副詞と形容詞の違い

「名詞を修飾する」のが『形容詞』で「名詞以外を幅広く修飾する」のが『副詞』です。

形容詞の使い方

・注意深いネコ careful cats

・遅い車 slow cars

副詞の使い方

・私は注意深く聞く。 I listen carefully.

・彼女はいつもテニスをする。 I always plays tennis.

※「副詞」は動詞を修飾することが多いが、「形容詞・副詞・名詞・句・節・文全体」も修飾できる。

副詞の種類とつける位置

『副詞』は、「様態」「場所」「時」「頻度」「程度」の5種類に分けられ入れる位置も決まっている。

頻度・程度の副詞は、入れる場所に要注意。

■ 彼は時々遅刻をします。

→ He is sometimes late.

■ 彼は時々ゴルフをします。

→ He sometimes plays golf.

副詞と形容詞の代表的な見分け方

◆ 形容詞

『形容詞』は語尾が「-able・-al・-ent・-ful・-ive・-less・-ous」で終わことが多いです。

◆ 副詞

『副詞』は語尾が「-ly」で終わことが多いです。

something、anythingと形容詞

普通、『a big dog』のように『形容詞+名詞』の順で書きますが、『somethingやanything』の場合、『-thing+形容詞』となります。

something + 形容詞 = 何か~なもの

■ 私は空に何か輝いているものを見た。

→ I saw something shiny in the sky.

anything + 形容詞 = 何か~なもの

■ 私は冷たいものが欲しくなかった。

→ I didn’t want anything cold.

somethingやanythingと同じように、形容詞を後ろに置く単語

「someone」と「somebody」は、どちらも「誰か」を意味ですが、「somebody」の方が 多少カジュアルです。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事