今更聞けない基礎英語 | 不定詞(形容詞的用法)

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
42 days 04 hrs 46 mins 50 secs

その2 形容詞的用法

形容詞的用法では、『~するための、~すべき』と訳し、『名詞を修飾したり、補語C』になったりします。

形容詞的用法(名詞を修飾バージョン)

■ その都市には、見るための(べき)物がたくさんある。

→ There are many things to see in the city.

※「to see」が「things」を修飾しています。

形容詞的用法(補語バージョン)

■ あなたは下に降りて来るべきです。

→ You are to come downstairs.

※「あなたは = 来るべき」と、主語を補語しています。

形容詞的用法によく使われる単語

形容詞的用法には、『something / anything / nothing・・・』などがよく使われます。

「something = 何か」を使った例文

■ 私は何か食べる物がほしいです。

→ I want something to eat.

※「to eat」が「something」を修飾 しています。

『anything = 何か』の例文

■ 私は何も食べる物がほしくないです。

→ I don’t want anything to drink.

■ あなたは何か食べる物がほしいですか。

→ Do you want anything to drink?

※「否定文」と「疑問文」にはanythingを使います。

『nothing = 何も~ない』の例文

■ 私は何も食べる物がほしくないです。

① I don’t want anything to drink.
② I want nothing to drink.

「not~anything」と「nothing」は両方、「何も~ない」と訳します。入試の書き換え問題でもよく出題されます。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事