今更聞けない基礎英語 | 名詞の複数形・someとany・How many ~?の作り方

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
53 days 04 hrs 43 mins 13 secs

名詞の複数形の作り方。

名詞が、複数(2つ以上)の場合には、「s」や「es」をつけます。

不規則に変化する複数形

複数の中には、sやesではなく、不規則に変化するものがある。

変化しない複数形 ①

複数形にも関わらず、変化しない単語がある。特徴は、群れをなす単語によく見られる。

変化しない複数形 ②

『具体的な形・はっきりした輪郭・目に見えないもの』は、『数えれない名詞』となります『数えれない名詞』は不可算名詞といい、複数でも変化させません。

変化しない複数形(例)

someとanyの使い方。

『肯定文』ではsomeを利用しますが、『否定文・疑問文』になるとanyに変える必要があります。

How many +複数形~? = どのくらい多く~/数の ~

数を尋ねたいときには、「How many 複数形 + 疑問文 ~?」を使います。

How many +複数形~? を使った例文

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事