看護大学及び専門学校入学後にかかる費用

Author:看護予備校KAZアカデミー

hiyo2

過去問動画解説・傾向と対策

看護学校の合格を目指し、懸命に勉強している中で、ついつい忘れてしまうのが、入学後の費用のことですよね。「看護大学」及び「看護専門学校」に入学してからは、いくら費用がかかるの?と思われる方もいると思いますので、少し書いていきます。

「看護学校」及び「看護専門学校」の入学後にかかる費用

まず初めにかかる費用は入学金ですよね。これは、看護学校に合格後、10日程度で、支払う必要があります。これを期限までに支払わなければ、合格の取り消しになります。

そして初年度の一年次には、通常の授業料以外に、

教科書代、試験検定代、白衣、シューズ代、トレーニングウエア代、校友会費、同窓会費、健康管理費など

の諸費用が約300,000円程度必要です。(※注) 入学金も諸経費も全て学校により異なります。上記の諸費用については納入期限は入学する3月下旬ごろまでに支払う必要があります。

「看護学校」及び「看護専門学校」で毎年かかる費用

看護学校に入学後、毎年かかる費用があります。それは

● 授業料  ● 実習費  ● 施設管理費など

がかかってきます「看護大学」及び「看護専門学校」は、他の大学とは違い、専門職になりますので、少しお金が必要となります。計画的に、お金を貯金しておくことや、奨学金をうまく使う必要があります。受験前には、これらのことも含めて、事前に準備しておくことをお勧めします。

また、准看護学校とは違い、看護学校の入学後は、勉学が忙しくなり、バイトができなくなる場合もございますので、事前に費用の管理は必要となります。また、上記とは別に、看護学校によっては、払う必要のある費用もありますので、受験予定の学校に事前に確認とることをお勧めします。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事