2022年度の看護系国家資格の合格率。前年度と比較してみた。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
03 days 15 hrs 21 mins 02 secs

2022年度の看護系国家資格の合格率

2022年度の看護系国家資格の合格率を前年度と比較して見てみましょう。

第111回看護師国家試験合格率

出願者数 … 65,684人

全体 新卒
受験生 65,025人 59,148人
合格者 59,344人 57,057人
今年度合格率 91.3% 96.5%
前年度合格率 90.4% 95.4%

今年度の第111回看護師国家試験の取得率は、前年度と比較し「新卒・全体」の両方で合格率がアップしています。

第108回保健師国家試験合格率

出願者数 … 8,020人

全体 新卒
受験生 7,948人 7,504人
合格者 7,094人 6,975人
今年度合格率 89.3% 93.0%
前年度合格率 94.3% 97.4%

今年度の第108回保健師国家試験合格率は、前年度と比較し「新卒」ではアップし、「全体」では大きくダウンしています。

第105回助産師国家試験合格率

出願者数 … 2,103人

全体 新卒
受験生 2,089人 2,078人
合格者 2,077人 2,071人
今年度合格率 99.4% 99.7%
前年度合格率 99.6% 99.7%

今年度の第105回助産師国家試験合格率は、前年度と比較し変わらず横ばいです。

まとめ

看護師・助産師の合格率は高く、看護学校で学び、卒業をすれば国家試験に合格できることが証明されています。

一方で、新卒の方が保健師を目指す場合、そのほとんどが合格していますが、既卒の方が現役で合格できなかった場合

再受験で合格するのが難しいことも表されています。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事