看護受験専門の「看護予備校」と「通常の塾・予備校」との違い!!

Author:看護予備校KAZアカデミー

近年、高齢化社会とともに、看護学校に受験して看護師を目指す方が非常に多くなりました。

その理由は、看護師になることで、「職の安定」「給与の安定」など、あらゆることを解決してくれる要素があるからです。

例えば、これから資格を取得しようと思っている社会人の皆様の悩みとして、このような要因もあるのではないでしょうか?

  • 「いつまでも給料が全く上がらず、それどころか給料カット」
  • 「「人間関係」がうまくかず、辞めたいけど再就職の自信がない」
  • 「いつまでたっても同じ内容の仕事ばかりで面白くない。」
  • 「労働時間がブラック過ぎる・・・」など

など、それぞれの悩みがありますよね。そこで、これらの悩みを解決するために、看護師になろうと決意する人も多いです。

しかし、看護師になるにも「看護国家資格」を取得しなかければなりませんので、「看護学校」や「看護専門学校」に合格して通う必要があります。

そして、この看護学校の受験こそが最大の難関とも言われています。

長い間、受験勉強から離れている社会人にとって、「どうすれば看護学校に合格することができるのか?」わかりにくいですよね。

そこで、過去に看護学校の受験に合格した社会人が、どのようにしてスムーズに看護学校の受験に合格したのかを話していきます。

看護学校に合格している多くの人が看護受験専門の「看護予備校」に通っている。

初めて看護学校の受験を目指そうと思っている方にとって、まだまだ、看護予備校という存在を知らない方もたくさんいると思います。

しかし、実際に看護学校の受験を一度経験すると、看護学校に合格することが簡単ではないことに気が付きます。

受験前には、

「看護学校に通い、看護師になろう!!」
「専門学校だから誰でも合格できるんじゃないの!?」
「これで、将来も大丈夫!!」

なんて、思いを描きながら、独学で看護受験の勉強をする人も多いですが、実際、その夢のはかなく散ってしまいます。

なぜ多くの「社会人や高校生」が看護学校の受験専門の予備校に通うのか?

それは、看護学校の受験には、しっかりとした専門知識を持ってなければならないということです。

看護学校の受験に合格できるということは、その大半が看護国家資格を取得することができます。看護国家資格を取得すれば、就職には困らないでしょう。

結果、看護学校の受験に合格すること。 = 就職活動に成功したこと。

このようなイメージ図になります。

皆様は今まで就職活動をしたことはありますか?第一志望の会社に就職することは簡単でしたか?

一筋縄ではいきませんよね。

そうなんです。看護学校の合格もそれほど簡単に手に入るものではありません。

実は、看護学校の受験に合格している人は、「看護学校の受験専門の予備校」に通って、看護予備校の先生から、看護受験のあらゆるノウハウをもらっています。

看護受験専門の「看護予備校」と「通常の塾・予備校」はここが違う!

看護受験専門の「看護予備校」と「通常の塾・予備校」では看護学校受験の合格率が明らかに異なります。

その理由は、受験する看護学校により、入試問題の種類が大きく異なるからです。

例えば、あなたが「A看護専門学校の受験」と「B看護専門学校の受験」を考える場合、どのような対策をとりますか?

合格するには両方の看護学校の入試対策を取る必要があります。

大きくまとめて「数Ⅰ・数A」が出題されるとあっても、看護学校により出題の癖が異なるのでそれぞれの対策が必要になります。大変ですよね。

看護学校がたくさんある中で、一人で、これらの癖を見抜くのは非常に難しいものです。ただ単に、受験勉強をしているだけでは、ポイントを逃す恐れがあります。

せっかく受験勉強をしているのにポイントを逃してしまうのはショックですよね。

そこで、看護受験専門の看護予備校であれば、

あなたが、受験しようと思っている看護学校の受験勉強の対策を的確に指導してくれます。

じゃあ、過去問をすれば合格できるのでは?なんて思いますよね。

しかし、その過去問がもし、看護学校の入試で出題されなければ、あなたは看護師になるチャンスを逃してしまうかもしれません。

なので、看護受験専門の看護予備校では、万が一、過去問と違う問題が出題されても対応できるように、対策が取っています。

本来、高校生であれば、勉強から離れていないので看護学校に合格しやすいはずですよね。なぜ、勉強から離れている社会人が、毎年看護学校の受験に成功するのか?

それは、看護受験専門の予備校に通っているからなんですよね。

看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校に通うことで、専門的な知識を得ることができるので、安心した受験勉強ができます。

明日は、看護受験専門の予備校でしかできない看護受験対策について書いていきます。

看護受験専門の予備校は、看護学校の受験に必要なポイントをしっかりとおさえている。

あなたがもし看護学校の受験に合格したいと思った時、何を考えますか?

筆記試験で高得点取るように受験勉強をがんばらないと・・・

もちろんこのように思いますよね。

看護学校の受験には「一次試験(筆記テスト)」と「二次試験(面接)」があります。面接なんて簡単!!実は違います。

二次試験の面接は、練習しておかなければ、かなり痛い目を見ることになります。

当看護予備校にも、毎年、多くの「高校生」「社会人」「主婦」の皆様が通われますが、初練習の面接でしっかりと話せる人はほぼいません。

社会人だから面接ぐらいちゃんと話せるよ!!なんて思われますよね。

しかし、「看護学校の面接」と「その他の面接」は、大きく異なるんですよね。

その理由は、看護学校の受験に合格できるということは、ほぼ看護師になれることを意味しています。

なので、看護学校の面接官も、通常の面接よりも「あなたが看護師としてふさわしいか、ふさわしくないか」よ~くチェックしています。

面接時に少しでも、看護師としてふさわしくない言葉を発してしまったらその時点で、アウトです。

なので、看護学校に合格するには、受験前に、必ず看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校で、面接対策を取る必要があります。

看護受験専門の予備校は、看護学校の受験に必要な志望動機書の添削レベルが高い。

志望動機書?何それ?初めて看護学校の受験を目指す人はそう思うかもしれません。

あなたが看護学校の受験を試みようとした時、とりあえず筆記テストの勉強に日々頑張ると思います。

ある程度の時が過ぎ、入試が近づいてくると、看護学校の受験に必要なものが、筆記試験だけでないことに気が付きます。

筆記試験以外に大切なものってあるの?

そう思った方は要注意です。筆記テスト以外に合否に大きく左右するものがあります。

これは、看護学校の受験専門にしている看護予備校だからわかることですが、残念ながら看護学校の受験は、筆記試験だけでは合格できません。

筆記試験だけで合格できるなら、勉強ができる人は、全て合格してしまいますよね。

そこで、大切になってくるのが、看護学校に提出する志願書に含まれている志望動機書です。

志望動機書には、あなたが看護師になりたい理由を書きます。しかし、その理由が看護師として相応しくないのであれば不合格になります。

せっかく筆記テスト頑張ったのに・・・なんて声も聞きます。

当看護予備校では、毎年志望動機書の作成には、念には念を入れています。それほど大切だということですよね。

なので、看護学校の受験を考えたら、志望動機書の対策もしっかりと行ってくれる看護予備校を選びましょうね。

看護受験専門の予備校は、高校生から社会人・主婦にまで大人気の理由。

高校生でも社会人でも主婦でも、看護学校の受験に合格したいという思いは、皆さん強く持っていると思います。

看護師になることで、先の不安が全て解決!!なんて人も少なくありませんよね。

そこで、なんとしても、看護学校の受験に成功したいという思いから、看護受験専門の看護予備校に通う人が、たくさんいます。実際、

看護受験は、「通常の専門学校」や「大学受験」とは全く種類が違います。

看護学校の受験がなぜ人気なのか?

それは、看護学校に合格できればその大半が、看護師になることができます。

ということは、看護師になるために一番必要なことは、看護学校に合格することになります。

そこで、少しでも看護学校の受験の合格率を上げるために、看護受験専門の看護予備校に通います。

もちろん、看護学校に入学後も勉強は続きますが、看護受験でしっかりと勉強の癖をつけておけば、卒業することができます。

看護受験専門の予備校で、看護受験の専門的な知識をもらおう。

将来のことを考え、一日でも早く看護師になりたい。そう願っている人は、たくさんいらっしゃると思います。

上記にも書いてきましたが、看護学校の受験を成功することは、非常に難しいことでもあります。

しかし、正しい看護受験勉強をすれば、約8か月間で、看護学校に合格することは可能です。

当看護予備校でも、カリキュラムをこなした方は、ほぼ100パーセントの人が看護学校の受験に合格しています。

合格できる人と合格できない人の差は何でしょうか?

もちろん、年齢は若ければ若い方が得ですが、それだけではありません。

看護受験で必要とされる「専門的な知識があるか」それとも、「ないか」では、合否に大きく携わってきます。

では、専門的な知識を得るにはどうするか?それは、看護受験専門の予備校に通うことが一番良い選択でしょう。

一度、面談などに参加すると、自分自身が知らなかった看護受験に必要な知識をもらうことができます。これが、こんなにも大切なの?なんて驚くことがたくさんあります。

看護受験専門の予備校に通うタイミングはここ!

看護師になりたい。でも看護学校の受験勉強が難しそう・・・

看護受験専門の予備校に通うタイミングはこの瞬間です。

インターネットや雑誌・先輩や友達からの情報、現在看護学校の受験をしようと思った時、様々な情報が皆様の耳に入ると思います。

実際に、看護学校の受験は、誰でも合格できるわけではありません。

色々な専門学校がある中で、看護学校の専門学校に合格できる確率は5~10倍です。

その理由は、勉強レベルは「数Ⅰ数A」さらに、「志望動機書の作成」「看護面接」など、独学で得ることのできないものがたくさんあります。

しかし、どんな難しい受験でも、やり方さえきっちりとすれば、合格することは可能です。

この厳しい合格確率のなかで、看護学校の受験専門の予備校であれば95%以上の人が看護学校の受験に合格しています。

この結果は、看護学校の受験専門の予備校であれば、看護学校の受験のノウハウを細部にわたり知り尽くしていることが言えます。

もし、あなたが看護学校の受験合格を目指すのであれば、看護予備校に通うことが何よりも近道になるので、看護予備校に通うことをお勧めします。

看護受験専門の予備校にまで通って看護師の資格を取得する理由。

毎年多くの人が、看護学校受験専門の予備校に通い、看護師を目指します。

「社会人になってまで、予備校に通って受験勉強をするなんて考えれない!!」このように思う人も中にはいるかもしれません。

しかし、社会人だからこそ、予備校に通って確実に、看護学校の受験に合格したいと思う人がたくさんいます。

もし、あなたが看護学校の受験を目指し、独学で勉強した上で不合格になった場合どうしますか?

やっぱり、初めから予備校に通っておけばよかったなんて後悔をするかもしれません。

独学で勉強している期間が無駄になるわけではありませんが、看護学校の受験は独学で合格できるほど簡単なものでないことは確かです。

その理由に、当看護予備校にも毎年、独学で勉強し、不合格になった学生からの相談をたくさん受けます。

話をすればするほど皆さん、「こんなことなら、最初から看護予備校に通っておけばよかった・・・」と声を漏らします。

社会人になり、年齢を重ねれば、重ねるほど、学生時よりも一日一日の生活の重みが増していきますよね。

無駄な一日なんて過ごしたくない。看護学校の受験合格を目指した人は誰でもそう思うでしょう。

看護予備校に通うことで、看護学校の受験に合格するために必要なものが全てわかります。決して筆記テストで高得点をとれば、看護学校の受験に合格できるわけではありません。

看護学校の受験に合格するには、看護師としてふさわしい人間になる必要があります。

これは、看護学校の受験を専門に扱ってきた看護予備校でしか、わかってもらえないことでもあります。

看護学校の受験に合格するために、入試の日まで、看護受験のノウハウをしっかりと看護予備校で教えてもらいましょう。

看護受験を諦めた人は後悔する可能性が大。

「看護師になること。」それは、現在、日本全国の「高校生・社会人・主婦」の間で、一番人気のある資格といっても過言ではありません。

看護師になることができれば、「アルバイト・パート」ではなく、年齢がたったとしても正社員で働くことができる。

そして、福利厚生・ボーナス・給与アップなど、金銭的にも余裕がでてくるかもしれません。

これほどまで、条件の整っている資格は、社会人になってから目指す資格の中でも極わずかです。

これを目指し、多くの受験生が看護学校の受験を毎年受けるのですが、看護学校の受験に合格することは非常に難しいのです。

もちろん受験勉強に励み、すぐに合格ができれば最高ですが、看護受験に「2年・3年」かかっても、全く遅くはありません。

勉強に自信がなくても、看護予備校で、順を追い受験勉強をしていけば、誰にでも看護学校に合格できるチャンスはあります。

時折、せっかく看護学校の受験を目指し、受験勉強に励んでいるのですが、看護学校の受験に失敗して諦めてしまう方もいます。しかし、数年後・・・

看護学校の受験を諦めたことに後悔してしまう可能性が大なんですよね。

もしあなたの年齢がまだ40歳未満なら、毎年、看護学校の受験はやってくるので、看護学校の受験には挑戦し続けた方がいいでしょう。続けていれば、必ずチャンスはやってきます。

看護受験専門の予備校で学んだ人が思うこと。

看護学校の受験合格を目指して、大人になってから新しいことを始めることは大変ですよね。

しかし、その反面、大人になってからの受験勉強なんて、誰もが経験できることではないですよね。

看護学校受験専門の予備校に通い、合格した人が口をそろえて言うことは、

  • 「本当に頑張ってよかった。」
  • 「人生が大きく変わった。」
  • 「これで、子供を安心して育てることができる。」など・・・

喜びの声しか出てきません。それぐらい、看護学校の受験に合格できるということは価値のあるものなんですよね。

もちろん、受験に合格することは大変ですが、受験勉強を始めてから合格するまでは、ある意味「刺激的な日常」を過ごすことができます。

もし、今、看護師になろうと思い「受験勉強をするか」「受験勉強をしない」を迷っているのであれば、

必ず看護学校の予備校に通うことをお勧めします。

看護学校の受験に合格するには、必ずコツが必要です。独学で受験勉強を頑張る人もいますが、合格しているのは看護予備校に通っている人が大半です。

看護予備校には、自分自身と「同じ悩みを抱えている人」「同じ考え方の人」とめぐりあえるので、予備校生活も難なく過ごすことができます。

看護受験専門の予備校 KAZアカデミーは、勉強の基本から教えてくれるから合格率が高い。

「合格率の高い予備校」と「合格率の低い予備校」の違いをご存知ですか?

それは、あなたの苦手としている部分を、どのようにして看護予備校の講師が見つけてくれるか?これが一番重要です!!

それだけで、あなたが看護学校の受験に「合格できるか?」「合格できないのか?」かも大きく変わってきます。

もし、計算ミスが多いのであれば、実は計算のやり方が間違っている場合も多々あります。

当看護予備校では、学生様に直接指導していくことで、その生徒の苦手ポイントや、間違ったやり方を一つずつ修正していくので、計算ミスをする学生がいなくなります。

このような一つ一つの細かな指導は、個人的にみてくれる看護予備校でないと、見つけてもらうことができないので、最後までミスに気がつかず受験をすることになってしまうかもしれません。

勉強に自信がなかったり、一つずつしっかりと確認をとってもらいたい予備校であれば、看護予備校大阪KAZアカデミーが一番、魅力的であります。

看護受験専門の予備校で自分の勉強進度を把握してもらおう!!

看護学校の受験を目指す人にとって、自分自身の勉強が本当にできているのか?

得に、受験勉強を始めてから、数か月後、必ず「不安」が押し寄せてきます。

その理由は、徐々に看護学校の「セミナー」や「オープンキャンパス」の情報が入ってくることで、

「看護学校に合格できなかったらどうしよう」「看護学校に絶対合格したい」と様々な感情が入ってきます。

でも、実際、受験勉強を始めてからそれほどたっていないので、まだまだ結果を求めるのは早いんですよね。

なので、そんな時こそ、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校に通うことで、看護受験への不安を押しのけることができます。

その理由は、看護学校の受験専門の看護予備校では、過去に多くの看護学校に合格生を出していることで、

看護学校の受験に必要なことが全てわかっています。

よく勘違いしているのが、受験勉強だけを必死に頑張って、高得点をとることができれば看護学校の受験に合格できると思っている受験生もいます。

しかし、看護学校の受験に合格するには、「筆記試験以外にも大切なものがたくさんあります。」

もし、あなたが看護学校の受験の面接試験で質問に答えることができなかったとします。どうなると思いますか?

100パーセント不合格になります。このように、看護学校の受験には、筆記試験以外に「志望動機書」「面接」のように重要なポイントがたくさんあります。

筆記試験も合わせ、全てをしっかりとクリアできるものだけが、看護学校の受験に合格できます。

これら全てを独学でするのは、無理がありますよね。やはり、看護学校の受験合格を考えるのであれば、看護学校の受験専門の予備校に通うことが一番いいでしょう。

看護受験専門の予備校に通うことで、問題集に悩むことがない。

受験生にとって一番大切なものは、自分自身が入試まで共にする問題集が大切です。

あなたの使う問題集はどんな問題集でしょうか?

  • 説明と、問題が2、3問がついている問題集ですか?
  • それとも、何度も類似して解くことができる問題集でしょうか?

よく、受験勉強では、予備校講師が、一つの問題を説明するだけで、

その他の類似問題については、別冊であなた自身で解き、後は、問題集の答えとにらめっこ、

このような、スタイルで勉強を行いますが、勉強が苦手な人や、勉強と離れている人にとって、

この受験勉強のやり方は、不合格になる一歩を踏み出すことになるかもしれません。

基本的に、看護学校の受験には、様々な問題が出題されます。そして、

それらの問題に、必ず触れ合っていないかぎり、解くことはできません。

当看護予備校では、毎年多くの人が、「予備校で解いた問題と同じ問題が出題していた」と嬉しい報告を頂きますが、

それは、受験生の皆様がたくさんの問題をコツコツと進めてきたから起こる奇跡なんですよね。

これから看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校で、たくさんの基礎勉強をし、多くの問題を解いていくことをお勧めします。

当看護予備校の問題集には、「看護受験に必要な基礎力UP」「絶妙の類似問題」が多くのっているので、

受験生にとっては最高の問題集となっています。入試で類似問題が出題された時には、スラスラと解くことができます。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事