社会人が看護専門学校を受験するならいつから勉強を始めるべきなのか。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第4回〆切まで
60 days 02 hrs 27 mins 00 secs

一般的に、看護専門学校の受験に合格するには少なくとも6~8か月ぐらいは見ておきたいところです。

その理由は、看護専門学校の入試範囲は、「高校1年生終了時」までの学習が必要となります。

社会人の場合、勉強から離れている方が大半なので、さすがに1カ月や2か月でこれらの全復習をすることは難しいです。

では、どうやって社会人が看護専門学校に合格しているのか詳しく見ていきましょう。

社会人が看護学校に合格ためには数学力が必要

専門学校だったら間単に合格できるんじゃないの!?

そう勘違いされている方もいますが、看護専門学校の一般入試では「数学」「国語」「英語」の筆記テストがあります。

そして、この中でも特に大切とされているのが「数学」です。

一般的に、看護受験を目指す人は「文系」であることから数学が苦手です。

従って、「数学」で高得点採ることができれば、看護学校の合格が見えてきます。

看護受験合格レベルにまでになるにはどうすればいいのか。

看護専門学校に合格している多くの社会人が「看護予備校」に通います。

看護予備校では看護受験に必要な「筆記試験」の勉強をしてくれます。

さらに、筆記試験以外にも大切えある、

「志望動機」や「面接」の対策をしてくれます。

いくら学力が上がったとしても「志望動機」や「面接」ができていなければ、不合格になる可能性が大なので注意が必要です。

志望動機や面接が大切な理由

社会人で看護学校の受験をする方にとって、「志望動機」や「面接」の大切さを知っている人も少ないでしょう。

大半の方が、

受験 = 学力

というイメージが強いからです。

看護受験 = 就職活動

というイメージを持つことができれば、

「志望動機」や「面接」の重要性が伝わるのかもしれません。

看護師に求めれらるのは学力だけではなく人間性も必要とされます。

看護学校の面接官は「志望動機や面接」であなたが看護師として適しているのかを判断します。

従って、これらの対策も必要なので、余裕を持った受験勉強をしたいところです。

まとめ

社会人の皆様がこれから看護専門学校を受験して合格するには、

筆記テスト・志望動機・面接

この3つをしなければならないことがわかりました、

従って、少なくとも6~8か月ぐらいの余裕はもって受験勉強を心がけたいところです。

では、多くの先輩たちはどのようにして看護専門学校へ向けて受験勉強をしていたのでしょうか!?

実は、看護専門学校に合格している大半の学生が看護予備校に通っています。

看護予備校に通うのと通わないのとでは、明らかに合格率が異なってきます。

看護予備校に通うことであなたの看護師への道のりがさらに身近なものとなります。

看護予備校大阪KAZアカデミー(トップページ)

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事