今更聞けない「看護大学」と「看護専門学校」の違い。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第2回〆切まで
35 days 04 hrs 43 mins 01 secs

受験が近づくと、看護大学を視野に入れている学生は「看護専門学校」ってどうなの?

と気持ちが変わる人もいます。

もちろん、「看護大学」も「看護専門学校」もどちらも最終的には看護国家資格に向けて勉強する場なので看護師になることはできます。

そこで、気になってくるのがどちらの方が皆様にとってメリットがあるのかです。それでは詳しく見ていきましょう。

看護専門学校のメリット

・学費を安く抑えられる
・実習の授業が中心なので卒業後、即戦力として働ける
・3年で社会に出れる
・学費が安い

看護大学のメリット

・一般教養科目を学ぶことができる。
・看護学など医療の知識を重視。
・学士または高度専門士を取得できる

大学や4年生を卒業している方が就職に有利かどうか

看護専門学校の場合、ほとんどの学校で病院が付属しているの就職のことを考える必要はありません。

しかし大学の場合は4年後、自ら就職活動をしなければならないので、看護師が余ってくる時代になると就職活動も大変になるかもしれません。

また、最近できた看護大学では実績がないことから就職時には自分自身の大学で学んだことを就職活動でしっかり話す必要があります。

さらに詳しくは下記よりどうぞ。

看護大学と看護専門学校の大きな違いは何?

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事